Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

英語の前置詞が聞き取れない理由5つ!対策のコツも紹介!

 

f:id:michiganenglish:20200306200305j:plain

 

前置詞が聞き取れない人がやりがちなことを5つ紹介します!これに当てはまったら要注意!

 

  1. 音の変化を知らない
  2. 前置詞を聞き取ろうとしすぎ
  3. 脳が英語を認めていない
  4. 聞こえた音を受け入れられてない
  5. 正しい英語にこだわりすぎ

 

音の変化を知らない

「at」というのは発音記号上「æt」と読む。けど、会話ではいろんな音に変化していくのが事実。それに人の話し方の癖にもよる。

 

ちゃんと発音記号通りに読む人もいれば、読まない人もいる。発音記号通りに読む場合もあれば、まったく違うように発音する場合もある。前にある単語や後ろに来る単語のせいで、変化することもある。

 

例えば「of」は「a lot of」とくっつくと「alotta」となる。カタカナにしてみると「アロットオブ」が「アラダ」みたいになる。

 

前置詞を聞き取ろうとしすぎ

英語は聞き取ろうと思うと聞き取れない!

www.speaknovi.com

 

前置詞は文章の内容を一切決めてない品詞の1つ。なんなら、前置詞がなくても伝わる。

 

脳が英語を認めてない

英語と日本語は周波数が違うから聞き取りづらいとか、英語は日本語と違うところがたくさんあるから、とかイロイロと困難なことはある。

 

けど、これは脳が英語を受け入れていないせい。

 

脳はキャパオーバーにならないように、常にあなたにとって必要なことなのか、必要なことではないのかと、判断してるらしい。あなたが今まで生きてきた中で「英語がなくて困った」ことがない限り、必要がない!と英語を脳自体が拒否してる。

 

聞こえた音を受け入れられてない

よく起こりがちなのが、英語で「a lot of」が「アロットオブ」には聞こえない。と悩む人。どうしても「アラダ」とか「アロダ」に聞こえる。自分の耳はおかしいんじゃないか・・・。

 

こんな人がたまにいます。

 

いやいや、耳があってるのに一生懸命「アロットオブ」に頭で変換しようとする方がおかしい(=゚ω゚)ノ

 

耳で聞こえた「アラダ」から「あ~a lot ofはそんな風に発音されるんだ~」と受け入れるのが大事! 

 

正しい英語にこだわりすぎ

前置詞が聞こえないことを気にするのは、相手との会話をちゃんとせずに、自分の英語にこだわりすぎてる。

 

英語はあくまでもコミュニケーションのツール!主役ではない!

 

コミュニケーションを優先してる場合は、前置詞が聞こえる聞こえないなんて気にならなくなる。だって、グチャグチャな英語でもちゃんとコミュニケーションを取っていれば、会話の内容は把握できてるわけだから。

 

じゃあどうやって改善しよう?3つの対策!

1.音の変化を知る

これはすべて覚える必要はなくて、知識として、こうなるんだ~と知っておくだけで大丈夫!文脈や前後の単語によって、もっともっと変化するから、それをいちいち覚えていたらきりがない。

 

おすすめ動画⇩

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

2. 英語をたくさん聞く

ただ聞くだけではなく、いろんな方法を取り入れると飽きないし、上達速くなる!点と点をつなぐイメージ!

 

  • 聞き流し
  • 1つの文章を聞いて、書いてあるのを見る(逆も)
  • シャドウイング
  • 字幕付きの映画・ドラマ・テレビ番組・動画を見る
  • ネイティブと話す

 

3. 前置詞は気にしない!

これが一番大事!

 

前置詞はほとんどの場合が、なくても意味の通じる文章ができるようになってます。日本語だと「ここに行ったよ」の「に」みたいな。「ここ行ったよ」でも通じるよね。もしくは「ここへ行ったよ」でも、いいわけ。

 

だから聞き取れてなくても問題ない!

 

コミュニケーションを大事に

大事なのは前置詞が聞き取れてる聞き取れないではなくて、相手のことを理解しようとしてるかどうか。

 

英語に気を取られすぎないで!

 

リスニング力アップに音読が効果的!

www.speaknovi.com

 

リエゾン知ってる?

www.speaknovi.com

 

 

 

 

Photo by kyle smith on Unsplash