Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

リスニング苦手?英語耳はたった3つをやるだけで作れる!

f:id:michiganenglish:20210827182235j:plain

 

昨日、韓国語の歌を聞いてる時に、すごいことに気づいてしまった!

 

リスニングには ①文法の理解 ②発音の理解 ③質の良いリスニング の組み合わせがめちゃくちゃ重要なことに!!!

 

きっかけの瞬間!

歌を聞いてた時に「チューコヤ」と聞こえたけど、これは本当は「チュルコヤ」なんだとわかった。

 

実は、「①文法の理解 ②発音の理解 ③質の良いリスニング」の3つがそろってたから、正しく「チュルコヤ」と理解できた。日ごろの学習のタマモノ(*^-^*)

 

どういうことかというと、

 

「コヤ」は未来形で直前に必ず「ル」が付く。だから、「チューコヤ」とは聞こえたんだけど、それは文法上おかしいと気づけた。(①文法の理解)

 

そして、「ル」の音は英語の「L」に似た発音だから、「こういう音に聞こえるんだろうな~」と思えた。(②発音の理解)

 

そもそもこれに気づけたのは、「コヤ」という未来形が、ドラマにも歌にもよく出てくるから。今まで何度も繰り返し聞いたことがあった。(③質の良いリスニング)

 

紙に書いてもらったわかる

日常で英語が聞き取れない時、実践的で素晴らしい方法がある!それが、店員さんの言ってることがわからないときは、紙に書いてもらう作戦!私もアメリカに来た当初やってた(*^-^*)結構勇気がいるんだよ。

 

で、聞き取れなかったことを紙に書いてもらったら「え?なんだそんな簡単なことを言ってたの!?」となる人が続出( ゚Д゚)

  

「ホワット アー ユー ドゥイング?」が「ワダユドゥイン?」になってしまうのが、リアルな英語。

 

これは、文法・発音・リスニングの3つができていれば必ず聞き取れる!

 

What are you doing?が聞き取れない人の原因

①文法の理解

※下の2つを理解はできているけど、実践的に落とし込めていない、瞬時に口から出てこない

  • 「what」のあとは必ず疑問文が来る
  • 「are you」ときたら「ing」になる

 

②発音の理解

※下3つの基本の発音を知らない

  • 「ホワット」じゃなくて「ワット」
  • 「what are」の「t」「a」は「d」に近い音になる(Flap T)
  • 「ドゥイング」は「グ」を発音しない

 

③質の良いリスニング

  • 頻度の高い「what are you + 進行形」を繰り返し聞いたことがない
  • 「What are you doing?」自体も頻繁にでるフレーズなのに聞いたことがない

 

3つを上達させるには?

①文法の理解

基礎だけで問題なし!会話では高度な文法は必要ないから。ただ、ここで大事なのは、考えずにパパパッと口から出る、理解できるところまでたどり着くこと。

 

いくつかの例↓

  • 現在形・現在進行形・過去形・未来形
  • 前置詞+名詞(in the morning, at homeなど)
  • 主語と動詞の一致(I doだけど、Heの場合はHe doesになるなど)
  • 疑問文や否定文の作り方

 

②発音の理解

  • 英語の発音が一通りざっくりとわかれば大丈夫!
  • 必ず動画でやるのも重要なポイント

参考:発音記号一覧無料プリント 発音の勉強に使える本・アプリ・動画サイトなど

 

③質の良いリスニング

  • 聞き流しはダメ
  • 聞きながら、「今未来形だったな」「昨日覚えた単語が出てきたな」「Lってこんな風にも発音するんだ」と気づくようにする
  • 沢山聞こう!

 

まとめ

というわけで、私の韓国語学習の経験を通して、英語耳に近づくには「基本の文法の徹底・発音学習・意識してリスニング」の3つが必要だと思いました。

 

もちろん、リスニングで大事なことは他にもいっぱいある。

 

イントネーション・アクセント、文脈上の理解、アメリカの知識、実際にはスピーキングとリスニングを同時にしないといけない、教科書で習ったようには実際に聞こえない、など・・・。

 

でも、リスニングが苦手で、今回紹介した3つの中にやっていないことがあれば、是非挑戦してもらいたいなと思いました!

 

 

People photo created by drobotdean - www.freepik.com