Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

英語がスラスラ出てこない?日常会話でうまく文章を作る!ー三単現編

 

f:id:michiganenglish:20190920191651j:plain

 

 

動詞の変化は理屈で覚えるのではなくて、ただ単に暗記するのが一番!

 

今回は三単現のS(例:plays, says, calls)について説明する。もちろん無料プリントもあり!超基礎的な基礎、初歩中の初歩なんだけど、これを口からスラっと出てくる人が少ない。

 

私でもたまに間違う( ;∀;)

 

 

動詞にSをつける 

三単現のSってわかる?小難しいって?

 

簡単に言うと、主語が「I」だと動詞って変化しない。

「I paly tennis.」

けど、主語が「he」「She」とかになった時って動詞に「S」が付くよね。

「He plays tennis.」

 

その「s」がつくのに動詞によって、発音の仕方が3種類ある。

 

そこが問題なんだよね、その3種類もあるってことが。

 

 

○○だからこの発音は効率悪い

よく説明であるのは、

  • 母音(a,e,i,o,u0)で終わったら「z」の発音ーloves
  • shで終わったら「is」の発音ーwahes
  • kで終わったら「s」の発音ーspeaks

 

これを頭の中に入れるのってかなり難しい。確かにルールがあるほうが簡単なきはするよね。

 

けどいざ会話の時にこんなことを頭の中で考えてる余裕がない!

  

 

5段階に分けて活用するスペイン語に苦戦

私もメキシコ留学したての頃は少しは勉強したんだよね(笑)

 

なんせ英語の動詞はほぼ2段階でしか活用しないだよ。「heとshe」が来た時だけ動詞に「s」が付く。

 

けどスペイン語はそのすべてで変わっちゃう(゚Д゚;)「I, we, you, he/she, they」の5種類で動詞が変化する。

 

でも残念なことに、いざ勉強した動詞の活用を使おうと思っても、出てこなかった・・・。

 

おーのー。  

 

だからあきらめたわけ。←さらに頑張ろう―って思うんじゃないんかいっ!?

 

なんにも気にしなくなったら、勝手に口から出てくるようになった(*^▽^*)っていうとちょっと魔法みたいに聞こえるけど、毎日の友達の会話の中で勝手にできるようになった。

 

第二言語習得論(科学的に語学を習得する方法の研究)でも、勉強して学ぶよりも、経験として得ることの方が、語学習得にはすごく大事っていうのはよく言われる。

 

それを実感した瞬間だった。 

 

 

無料ダウンロードはここ

f:id:michiganenglish:20190920185524p:plain

よく使う動詞だけ集めた!今回は発音が「z(ズ)」で終わるもののみ。実はこれが一番多い。

drive.google.com

 

ネイティブが普段の会話の中で使う動詞ベスト100の中からさらに厳選して、リアルに私が普段使ってるものだけにした!

 

この中でわからない単語があったら、もうちょい頑張れって感じ( ゚Д゚)

 

 

どうやって使えばいいの? 

繰り返し単語を発する

ひたすらこれを言いまくって、口からぽろっと無意識でも出るようなるまで!ちょっと大変かな・・・?

 

主語をつける

それに慣れてきたら、主語をくっつけながら言うといい!しかも自分の身近な人限定で。これがすっごく大事。例文とかで「Tom plays with Grace.」ってこれを練習しても意味ない( ゚Д゚)

 

だって実際に「Tom」も「Grace」もいないよね?

 

だから自分の身の回りにいる人、旦那さんや子供から文章を始めるのがコツ。その動詞に正しい「s」を付けた発音でセンテンスを言う練習をするといい!

 

そうすると、日常でも使えるようになる。

 

日常のことを

もう1つのポイントは、リアルに起こりそうなことを文章にするといい!

 

「Taiyo gives Nozomi a candy.(太陽くんはのぞみちゃんにキャンディをあげた)」だと、ウチでは起こらない、この光景・・・(笑)けど「Taiyo has soccer practice Monday and Wednesday.」なら大丈夫!

 

身の回りにいる人の、毎日の行動や習慣を思い出しながらたくさん文章を言ってみよう。

 

言うの?書くのはダメなの?

言うのを練習する方が良い!

 

ハッキリ言って書くのって全然楽。言うほうが難しい。なぜなら慣れていないから。会話ができるようになりたいのであれば、言うほうを優先すべき。

 

英語を書くって、そんな機会ほぼないから( 一一)

 

 

おわりに

英語を話すときに、動詞に「s」をつけ忘れるっていう、初歩的な凡ミスは、暗記することで防ぐのがコツ!

 

仕組みを理解しながら、変換するのは効率が悪すぎる!

 

英語は考えながら話すものではなくて、瞬時に口から出てくるのが一番大事。そのためには、とにかく口に覚えさせるのが一番楽チンな方法。

 

さあー、今日も張り切って練習しよう! 

 

 

他にも無料ダウンロードはココから⇩

 

 Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash