Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

英語学習を続けるコツとは?ポモドーロテクニック知ってる?

f:id:michiganenglish:20201214203922j:plain

 

////お知らせ////

2021年1月1日文法テキスト発売の予約受付中
記事の一番下に中身の一部を公開中↓
英会話初心者向けの基本文法20項目を集めました!
詳しくはここから

 

英会話の上達は目に見えないから、マンネリ化しちゃう。だんだん飽きてくる。それでもやりきった人が結局は勝つ・・・。

 

実は、環境ややり方を変えるだけで、飽きを解消できるらしい!

 

今回は1つのテクニックを紹介します。1980年代後半にイタリア人が考え出した時間管理術。仕事を効率よくこなす方法として使われてる!

 

その名も「ポモドーロテクニック」!

 

イタリア語でポモドーロはトマトのこと。トマトの形をしたキッチンタイマーを使ってたところが名前の由来!かわいい~

 

 

ポモドーロは、25分作業をしたら、5分休憩するというスタイル。この30分を1ポモドーロって言う(笑)そしてこれをどんどん繰り返していく。

 

実は、この方法を私は3年前くらいから使ってた。

 

でも、間違ってた方法でずっとやってた・・・。ただ25分勉強して5分休憩というのをひたすら繰り返してた。意味なし!

 

最近正しい方法を知って、やってみたら「私は今まで何をやってたんだーーーー!?」って。ポモドーロのすごさに、あごが下がりっぱなしになるくらい驚愕!

 

このブログもそれを使って書きだした。1週間前くらいからちょっと更新頻度が上がった!

 

達成感をすごく感じる。

 

 

ポモドーロは、25分で1つのことを終わらせるのがカギ!締め切り効果で「あと10分だ」「あと5分だ」となると、集中力が増す。夏休みの宿題を最後の2~3日でやりきるのと似てる(笑)

 

くれぐれも、私のようにただ単に30分で刻むだけなんてことはしないで・・・。

 

なので、「今やりたい!」「今やらないといけない!」ということを1つをリストアップして、25分で終わらせよう!

 

 

ただ気を付けるのは、自分がどれくらいの量を25分でこなせるのかを先に把握しておくこと。

 

例えば、「問題1000問を25分以内で解くぞ!」なんてのは物理的に無理でしょ?

 

先に自分が25分で15問解けるとわかったら、13~20問辺りを目標にしておく。そうすれば、だらだら2時間やって問題を解くよりも、パッパッと効率よく進む。問題の数がはっきりと目に見えてるから。

 

 

どんな英語学習にもポンポン取り入れられるから、めっちゃ便利!

 

ライティングだったら、25分で、1ページ書く、10文書くでもいい。リーディングなら、洋書を○○ページ読むでも。

 

25分で、1ページの文章を、リーディングする、音読する、音声を聞く、シャドウイングをする、なんて組み合わせもあり。

 

 

英語学習はコツコツ長く続けるのが大事。「私には全然続かない!」と思ってるのは、ただ単に方法を知らないだけ。

 

是非ポモドーロテクニックを覚えておいてね!

 

 

文法テキストのサンプル↓

f:id:michiganenglish:20201214204510p:plain

Food photo created by 8photo - www.freepik.com