Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

新学期!最近よく見るsynchronousとasynchronousって?onlineとvirtualの違いは?

f:id:michiganenglish:20200911032600j:plain

 

コロナウイルス以降、学校の在り方が変わってきて、最近「synchronous」と「asynchronous」という2つの単語がバンバン出てくる!

 

アメリカで子供を学校に通わせている人なら、タイムリーで重要な2つの単語だからここでしっかり意味を覚えよう!

 

学校での使われ方

synchronous:先生や子供たちが同じ時間にオンラインでクラスをやること。教室でやってたことを、いろんな場所から行う。だから時間の縛りがカッチリある

 

asynchronous:先生があらかじめ録画した動画を見たり、指示されたことを、好きな時間に自分のペースでやること。

 

英語マニアの私がワクワクしてしまう単語!なぜ?

「synchronous」をよく見て!

 

アルファベットが11文字も並んでるのに、なんと母音が3つしかない!これは稀にみるすごい単語!子音がこんなに並ぶなんて、か~なり珍しい!

 

もうこの時点でこの単語に興奮してしまう(笑)

 

発音

一見難しそうなんだけど、実は誰もがよく知ってる水泳の「シンクロナイズドスイミング」の「シンクロナイズド」は「synchronous」の動詞!

 

だから、発音は「シンクロヌス」となる!いたってシンプル。「asynchronous」は「エシンクロヌス」!

 

長いから分解してみると

synchronous

  • syn=一緒(携帯やPCをシンクする「sync」と同じ)
  • chron=時間
  • ous=いっぱい、たくさん、満ちた(famousは「fame=名声」が沢山ある)

 

つまり、一緒の時間が沢山あるという意味。

 

asynchronous

  • a=否定(アシメトリー「asymmetry」もシンメトリーの反対語

 

一緒の時間がない。

 

VirtualとOnlineはどう違うの?

調べてみると、2つの定義は結構似ている!アメリカ各地域で使い分け方が違うかもしれません。うちの子供たちが通う学校ではvirtualと表現してる。

 

もうちょっと細かく説明すると

 

onlineは、広く一般的な意味で使われることが多い。ネットでつながって学ぶものはすべてonline learningの中に入る。

 

virtualはonlineの中の1つというイメージ。

 

そして特にvirtualは、大半は先生と生徒が決まった時間に集まって学ぶ(synchronous)ことが多い。少しは、オフライン上で先生から支持されたことをやる(asynchronous)こともある。

 

日本にあるもので例えると、onlineはオンライン英会話もスタディサプリもアプリも全て入る。けどvirtualは、オンライン英会話。

 

 

 

 

 

Background photo created by pressfoto - www.freepik.com