Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

英語上達は毎日の積み上げが大事!その邪魔をしている○○とは?

f:id:michiganenglish:20210901184011j:plain

 

あなたは英単語を調べてから覚えていませんか?

 

多分100%の人がやってる、コレ。だけど実は、英単語の意味を調べることは時間の無駄だから要注意!!!!

 

実は、私は習慣化するのが大得意!韓国語学習を毎日約3時間サラサラとこなしている。もちろん土日も。でも、私は一切頑張っていないんです!

 

そんな私が韓国語学習をやっていて、時間の無駄だと思ったのが「単語の意味を調べる」です。私は単語を覚えるときに、意味を一切調べなくなりました!!!

 

無駄な理由

なぜなら、単語を調べるのは自分でしなくても、他がすでにやってくれているから!

 

よくありがちな失敗例3つ

①リーディングしながら

リーディングをしてる時に、知らない単語が出てきたら、100%の人が意味を調べる。知らないものが出てきたら覚えなきゃと思う。だから、しっかりと意味を調べてメモる。

 

そして、たいていの人が紙媒体のリーディング教材を使ってることが多い。

 

そうすると、電子辞書やスマホにローマ字で打ち込まないといけない。←めっちゃ時間かかる( ゚Д゚)なんなら、紙の辞書なんて使ってたら本当に最悪。

 

調べているうちに、読んでる内容も忘れていく。→また読み直す。

 

1つのリーディングを終わらすために何時間もかかってしまうんだよね・・・。

 

→最終的に、面倒くさくなってやりたくなくなる( ゚Д゚)

 

経験ない???私も経験ありよ~。気合入ってるとやりたくなっちゃうよね、丁寧な勉強みたいな。

 

②リスニングしながら

リーディングと同じようなことが起こるのがリスニング。

 

前に生徒さんが「最近リスニングのアプリを使って勉強してるんです!」とキラキラしながら言ってくれたことがあった。

 

けど、内容を聞くと、1つのリスニング材料に2~3時間かけていると・・・。しかも結局知らない単語ばかり出てきて、単語を調べるのに時間を取られているような感じだった。

 

もちろんだけど、1週間も続かずに、その勉強はやめたみたい。

 

③映画をみながら

よくある勉強法で、映画やドラマを見ながらっていう方法。

 

当たり前だけど、ドラマや映画では、英語学習者だと知らない単語ばかりがズラッと並ぶ。

 

しかも、「ドラマの内容と一緒に覚えれば頭に入りやすい~」なんて言われたりするから、頑張って意味を調べて覚えようとする。

 

けどね、ドラマや映画はものすごい長いよ・・・。

 

英検準2級の1つのリーディングが、約300文字で構成されている。でも、ドラマや映画の場合は7000~20,000文字と言われている。

 

そして、字幕を見ながら、知らない単語が出てきたら停止して、単語を書き写したりしてたら、本当に時間がかかってしまう。

 

続けていくコツ2つ

①英単語だけに集中

単語帳やサイトを使えば、すでに日本語の意味も載ってるから、超便利!

 

私は今、韓国ドラマ「Vincenzo」という弁護士もののドラマを見ている。だから「法律 韓国語 ボキャブラリー」と検索したら、一覧表が出てきた。一覧表を印刷して、毎日覚えてる。

 

このサイトにも無料プリントで、オノマトペ一覧イディオム一覧など、まとめてるのがいっぱいあるよ~。

 

②リーディングで単語は覚えない

リーディングに限らず、リスニング・文法・ドラマ・映画など、すべての学習において同じことがいえる。

 

リーディングをやるときは、英単語を覚える必要はない。

 

内容がわからないと困るから、調べる必要はある。でも、なるべく時間をかけないでできる方法にしよう。1分かけても意味がわからないものは飛ばした方がいい。

 

なぜなら、日本語に存在しない英語が割と沢山あるから。それは深掘りしてもわからなかったりする。あとは、文化的な違いとか。

 

楽な道を選ぶべき

英語学習を続けるためには、楽な方法を探すのが一番いい!

 

毎日するのに、面倒くさいことはできない。

 

だから、私は紙媒体のリーディングは使わない。すべてパソコンで見れるものを使っている。単語の意味が分からなければコピペして検索するだけ。ものの10秒しかかからない!

 

そして、リスニングはドラマを使っている。ただドラマを見るだけ。リスニングの教材なんて使わない。ドラマは続きが見たくて仕方がないよ~。リスニングの教材を使っている人で、次のページのリスニングがやりたくてワクワクしてる人なんていないでしょ?

 

頑張る場所を一歩間違えると上達しないから気を付けよう!

 

 

 

Background photo created by freepik - www.freepik.com