Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

まずは英語の学び方を知ろう!世界で1番有名な習得法はこれだ!

f:id:michiganenglish:20210117202534j:plain

 

///お知らせ///
英語初心者向けの超シンプルな英文法テキストを発売中!
詳細はここから 

 

英語の学び方をもっと知ろう!そうすれば、効率よく、グングン話せるようになる!

 

ほとんどの人が、東京から北海道まで歩いていこうとしている状態。電車も飛行機もタクシーもバスもいろんな方法があるのに、それを知らずに、歩いて出発している人が多い。だからなかなかたどり着けない!

 

 なので、英語の学び方を知っておくのはすごく大事!

 

今回は外国語学習の中で一番有名な「インプット仮設論」からの紹介です!

 

「学ぶ」と「身につける」

この「インプット仮設論」で大事なのが「学ぶ」と「身につける」の明確な違い。

 

「学ぶ」は、誰かに教えてもらったり、自分で勉強したりして習得すること。「身に付ける」は、気づいたらいつの間にかできるようになってた、ようなこと。つまりはこんな感じ↓

 

  • 学校でやってきた勉強=「学ぶ」
  • 社会人になって働いていくうちに敬語ができるようになってた=「身に付ける」

 

「英語を学ぶ」ことよりも「英語を身に付ける」ことが、言語学習に重要だとされている!

 

1.英語を身につけるには「i+1」

  • i=自分の知ってること
  • 1=ちょっとだけ難しいこと

 

つまり「自分の知ってること+それよりもちょっとだけ難しい内容」をやると、身につきやすい!

 

だからこういうのはダメ↓

  • 突然高校英語から始める
  • 突然ハリーポッターを読んでみる
  • 突然映画で勉強しようとする

 

「i+1」の活かし方↓

  • 本を読むなら、単語がほとんどわかるようなものを読む。
  • 1つの文法を奥深くやるよりは、まんべんなく全てをやってから、さらに少し難しいことを全体的にやることを繰り返す。
  • 単語を覚えるときは、簡単な単語帳から始めて、だんだんレベルアップさせていく。

 

※やっていて嫌になるものは大体がレベルが上すぎる。

 

2.コミュニケーションを通して学んだことも「i+1」になる

実は、コミュニケーションを通したら「i+1」と同じ効果が得られる!

 

例えば、韓国のスーパーで「塩」を探すとしよう!「塩」を何て言うかわからないけど、身振り手振りと、知ってる単語で、どうにかこうにか店員さんに伝えた。そしたら、ちゃんと塩が買えた!

 

こういうのを「i+1」って言う。

 

だから、自分の言いたいこと文章にしてから伝えるのは、英語を身につけるのには向いてない。その場では伝わるけど、その場しのぎで、そのあとに活かせない。

 

正しい英語を伝えるのではなく、コミュニケーションを取ろうとすることが、とても大事!

 

活かし方↓

  • 伝えたいことがあるときは、必要最低限の単語1~2個だけを頭にたたきこむ。例えば「来週お休みする」と言いたい場合は「来週=next week」をしっかり覚えておく。そのあとは、ジェスチャーやその場でパッと思い浮かぶままに任せる。

 

3.話す力は鍛えるものではなく勝手に見につくもの

スピーキングは、勉強したり、繰り返しの練習で身につくものではない!

 

確かに、私の経験上これは当てはまる。今も韓国語を勉強していても、勉強したことは会話で使えない。けど、先生がよく言う言葉とか、ドラマでよく聞く短い単語なら、パッと出てきたりする。

 

ダメな例↓

  • 頭の中で文章を作ってから話す
  • 英会話の文章を繰り返し練習する
  • フレーズをたくさん覚えて使う

 

勝手に身につけるためには↓

  • 人が話しているのをたくさん聞く。(ドラマなどでもオッケー)
  • コミュニケーションをたくさん取る。
  • 勉強したことがすぐに使えなくても気にしない。あとで追いついてくる!

 

 

 

 

 

Business photo created by freepik - www.freepik.com