Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

英語が話せるようになりたい!という目標は一生かなわない

f:id:michiganenglish:20201030192212j:plain

 

英語の目標はそれで大丈夫?っていうお話です!

 

上を見ればきりがない

「英語を話せるようになりたい!」というのは、「お金持ちになりたい!」「美人になりたい!」と一緒。

 

上には上がいる!

 

収入1000万円は大きな数に思えるけど、世の中には3000万円なんて人もいる。その上もゴロゴロいる!

 

美人だって、学校で一番かわいかった子が外に出れば、他にももっとかわいい子がたくさんいる。芸能界なんてみんな美人でかわいい。

 

上を見ればきりがない!

 

悪循環というこわ~い落とし穴

収入が500万円の人が、お金持ちになりたくて1000万円を目指して頑張る。けど、実際に1000万円になってみると、「3000万円の人もいるよな・・・。自分はまだまだお金持ちじゃない。」となる。

 

どんどん目標額を上げても、上限がないからどこまで行っても満足できなくなる。

 

整形も、目をやったら、今度は鼻が気になる。そして、あごが、しわが・・・と、やってもやっても満足できない状態になってしまう。

 

そういう人ってたくさんいるよね!

 

目だけやってやめとけばよかったのに!!と叫びたくなる時がある!あとは、ボトックス入れすぎて顔が動いてないよ!とかね。表情ないじゃーーーん!って(笑)

 

もともと美人・ハンサム(死語ですか?)なのに、それ以上を求めると、残念な結果に・・・。

 

英語学習になるとここに気づけていない人が多い

お金持ちも美人もみんなそりゃそうだよね!と納得できると思う。

 

けど、英語学習になったとたんに、終わりがない上を目指そうとする。「英語話せる=ネイティブ」と考えている人が多い気がする。

 

ネイティブになるっていうのは、「アマゾンのJeff Bezosになる!」って言ってるのと同じ。

 

いやいや!って感じでしょ?

 

だから、「英語を話せるようになる!」という目標は一生かなわない。最初から「Jeff Bezos」は無理!!!

 

あとは、英語にばっかり目が行っちゃって、肝心なコミュニケーションを忘れがち。

 

お金を稼ぐことに一生懸命になりすぎて、家族との時間を取れなかった。そして離婚( ゚Д゚)子供にも嫌われる( ゚Д゚)

 

やばい。

 

きれいな文法の英語を気にするあまり、ジェスチャーや表情ができていない。なぜジェスチャーを入れたがらない?なぜもっと目を見ない?そっちのほうがコミュニケーションでは大事!

 

小さな目標をコツコツとこなす

私でも、自分の英語が完璧じゃないことなんてわかってる。もしアメリカ人と結婚してたらもっと話せたと思う。

 

YouTubeで英語を教えてる人を見てたら、ほぼネイティブに近いとか、バイリンガルとか、きりがない。

 

単語力もないし、うまく言えないことがあったりする。弱点だらけです。

 

けど、今の状態でたっぷりと満たされてる!

 

韓国語も、最終的な目標は「話せるようになる」ことだけど、それはあくまでも理想としてとらえてる感じ。

 

まだまだ初心者並みの語学力だけど、十分満足。毎日の勉強は楽しいし、ただ韓国スーパーに行くのもワクワクする、韓国語の先生も大好き~。

 

こういう風になれるのは、「単語を1000個覚えられた!」とか「テキストを1冊終わらせた!」とか小さな目標をコツコツとクリアしてるからだと思う。

 

 英語だけにとらわれていると、こういうことに気づけなくなる。余裕もなくなる、楽しくない。

 

今の目標をちょっと見直してみてね~。

 

People photo created by wayhomestudio - www.freepik.com