Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

半年で英会話独学!おススメ上達方法9つ紹介!

f:id:michiganenglish:20191106093050j:plain

 

1人でもできる英語を話す練習方法を9つも紹介!すごいよ9つもある!全部やれば半年でペラペラ間違いなし。もちろん、いーーーっつも言ってるけど、アメリカに住んでるなら、しっかり外に出かけて毎日アメリカ人と会話するのは大事!日本に住んでるならオンライン英会話を同時並行するとグッド!

 

最初に

英語を話せるようになることと、英語がわかるようになることは別物。ここで紹介するのは、口からスラスラ英語が出てくるように訓練していく方法。日本人の99%がやってる英語の勉強は、英語を理解するためにやってること。文法とか、リーディングとか。それをいくらやっても英語は話せるようにはならない。話せるようになるためには、話すしかない!第二言語習得論でも、話すのと理解するのは別ものだとハッキリ提言してる。

 

1.自分の知ってる単語だけで説明

 身の回りにあるものを手当たり次第に説明しまくれ!あなたの目の前に見えるものっていろいろあるでしょ?私はパソコン、本、紙、プリンター、ノート、マグカップ、マウス、壁、棚、電気のスイッチ、取っ手、自分のツメ、自分の手・・・。言い出したらきりがない。狭い場所でブログ書いてるんだけど、それでも10個以上も見つかった。もっとリビングとかキッチンとか言ったらたくさんのものがあるはず!

 

それらを1つづつ英語で説明していこう!例えば、本なら「something you read everyday」っていう感じ。あとは説明だけではなくて、その物について話してみてもいい。さっきと同じ本を使うなら「I like reading boooks.」「 My favorite book is 人生がときめく片付けの魔法」「I have a lot of kids books.」こんな感じに。簡単でしょ?

 

2.独り言

これはとにかくやってくれ!英語を教えてるYouTuber、英会話学習のサイト、外国語学科の大学の教授、英語が話せるようになった人が全てやってるのがコレ!英語ができる人がやっているたった1つのこと 子供のおままごとと一緒。ママのマネっ子をしながら、ママの言ってることを真似して言語を発達させてる。

 

3.絵本を読んで内容を言ってみる

アメリカでは子供のころからやってることで、「retelling a story」って言う。読んだ内容を端的に最初から言ってみる。友達に「あの映画ってどんな内容だっけ?」と聞かれたときに答えるようなイメージ。絵本は日本語でも英語でもどっちでも大丈夫。なぜ絵本か?ストーリーが単純明快だから。だって、昼ドラのドロドロしたのを英語にするのって難しいでしょ(笑)漫画もいいかもしれない! 

 

4.ゲーム

ここで紹介するのはボードゲームと本。両方ともウチでは大ハマりのゲーム。

 

Headbanz:これはいわゆる物当てクイズ!「いいとも!」でよくやってたやつ。うしろの画面にお題が出て、それをジェスチャーで伝えたり言葉で伝えたりするゲーム。このHeadbanzは「ヘッドバンド」を頭につけて、そこにカードを入れてやる。だから周りから見たらちょっと面白い格好になっている(笑)家族でやると楽しい!

 

i spyシリーズ:この本すごいよ!本を開いてみると、所狭しと物が並んでる。見開きのページごとにテーマがあって、文房具だったり、海だったり、いろんなバージョンがある。その中から「I spy a black spider.」なんて書いてあるから、「black spider」を探していく。もちろんいくつか問題があるけど、それを自分たちで作りながらすると英語の練習になる!シリーズ化されてるからいろんなバージョンがある。

 

ゲームもあった!やったことないけど、これも英語の練習にいいかもしれない!⇩

 

5.Siri, Google, Alexaに英語で話しかける

携帯もすべてのデバイスも英語設定にしちゃおう!「今何時?」「今日の天気は?」「近くのピザ屋さんは?」だけではなく、いろんなことを質問してしまえ!「なぜ空は青いの?」「Siriの好きな食べ物は?」なんやりそうなことを想像しながらやるといいかも(笑)うちの子がよくやってる。Siriはかしこいんだけど、Alexaがね。日本語設定だからかな、「それはわかりません」とよく言われる( ゚Д゚)

 

6.Twitterを英語で発信

ここからは話す練習のための補助の役割を果たしてくれるものを紹介!Twitterを毎日英語で書いてみる。人に見られてると思うと、いい効果を発揮する!「英語の勉強してるんだ~」なんてプロフィールに書いてると、出会いがあるかも!もっと英語で話す機会が増えるきっかけにも使える。

 

7.ライティング

日記日記日記。毎日毎日毎日。話すのと書くのは同じ脳の部分を使ってると、第二言語習得論では言われてる。同じように文章組み立てないといけないもんね。5分でも時間があるならやってほしい! 

 

8.シャドウイング

これは話すためのイントネーションの練習になる。英語の音やリズムを身につける。1日3分もやれば結構疲れるよ。おススメ材料はYouTube。好きなYouTubeチャンネル見つけて、見ながらやればオッケー。楽チンでしょ?あとは、好きな女優さんや歌手を見つけて、その人のインタビューをリピートしていくのも楽しそう!やっぱり楽しくないとね!

 

9.音読

圧倒的に英語を話すのが少ないんだよね、日本人は。勉強ばっかりだよ・・・。話せー!あんまり口が英語に慣れてない。それを解消してくれるのが音読!割と忘れられがちだけど、音読にはすごい効果がある➞ これは盲点だった?英語の音読のすごい効果3つ!英語話すときにモゴモゴしてない?そんな時は口を鍛えよう!

 

おわりに

英語が早く話せるようになりたいなら話しまくれ! 9個もあったけど、好きなの見つかった?むしろ全部やって!注意するのは、6以降はあくまでも補助だから、そこにはそんなに時間を割かなくても大丈夫。目指せ半年でペラペラ~。

 

www.speaknovi.com

www.speaknovi.com

www.speaknovi.com

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

Photo by Denys Nevozhai on Unsplash