Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

英語が全然聞き取れない!リスニングが上達しない理由とは?

f:id:michiganenglish:20191127203937j:plain

 

リスニングを頑張ってるけど、全く違うように聞こえる?アメリカで生活してても、相手の言ってることの1割くらいしか聞き取れず、会話もままならない?そんなあなたにおススメの記事!

 

私はアメリカで15年以上生活していて、普段の生活は1人でなんでもこなす。困ったことがあれば、電話もするし、苦情も英語でしっかり伝える(笑)映画も英語で問題なく見れるし、YouTubeアメリカ人のチャンネルも大好き!

 

英語が聞き取れない理由は勘違い

これが日本人の9割に当てはまると思う。勘違いしてるだけで聞き取れてない人が多い。もったいない。ちゃんとした英語の音を認識できていないだけ。例えば、「何度聞いても、HelpがHopeに聞こえる( ゚Д゚) 私の耳はおかしいのか???どうしてヘルプに聞こえないんだろう。」と思ったとする。そりゃあそう・・・。あなたの耳は正しい。

 

そもそも、英語の「L」の音には発音が2種類ある。1つはあなたもよく知ってる、舌を歯にくっつけるような発音で「ライトL」って呼ばれてる。けどもう1つは「ダークL」って呼ばれてるもので、こっちは全く違う発音をする。日本語の「お」に近い音。あ!気づいた?だから、HelpはHopeに似て聞こえる。

 

音から英語を学んだ方がリスニングが上達する

子供頃って音から言葉を学んだ。だから普段「おとーさん」って言ってるのにピカピカの小学1年生の時に、それは「おとうさん」と書くのだと習った。おーのー( ゚Д゚)「なんで!?」って感じだよね。

 

文字から覚えてしまうと、文字を読んじゃうのが大人の嵯峨。かしこいと困ることもある(笑)子供は素直だね、聞こえたままを言うんだもん。それに、人間は書いてあるものを信じやすい傾向にあるみたい。

 

「I like skiing very much. 」が「I like skin very much.」って聞こえる。「”私は肌が好き”なんて、ちょっと変態みたいじゃないか。リスニングのし過ぎで頭おかしくなった( ;∀;)」なんて思う必要はない!「skiingはgがつくけどskinって発音するんだ!」と素直に受け入れよう。それが実は正解なんだな。「ing」の「g」は発音しないから。

 

最初が肝心

新しく単語を覚えるときは、必ず発音も一緒に覚えよう!そうすることで、勘違いが防げる。すでに知ってる単語は、もう一度しらみつぶしに発音を聞いていこう。こっちの方が大分たいへん。単語だけ知ってても、発音をちゃんと認識できてないのが原因で聞き取れなかったら、その単語を知ってることにならない。

 

例えば、新しく「Gyro」という単語を覚えた。ある日友達から「イーロー食べに行こう!」と誘われたけど、何の料理なのかわからない。実は友達は「Gyro」のことを言ってた。けど発音を知らなかったせいで「イーロー」と「Gyro」が結びつかなかった。もったいない!

 

 それに、これだと2重で覚えることになってしまってるから、頭のキャパシティを余分に必要としてる。「Gyro➞ジロー➞イーロー」の思考回路ではなくて、「Gyro➞イーロー」にしていこう!

 

初心者はまず単語からリスニングを鍛える

簡単なところから入るのがベスト。いきなり富士山を登るのは難しいけど、ちょっとした丘なら登れそうでしょ?そんなイメージ。だから単語から。聞いた単語を聞こえたまま繰り返していく。おススメYouTubeはこちら⇩

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

フレーズからリスニングを鍛える

単語は面倒くさければ飛ばしてもいい。やっぱりフレーズを聞くのがおススメ!日常でもそのまま聞く機会も出てくるはず。そこで聞き取れると自信にもつながるから、もっと英語をやるモチベーションになる。

 

おススメYouTube

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

上級者はリエゾンを学んでみる

リエゾン」って言うのは、英語の音のつながりのこと。「What are you doing?」が「ワダユードゥイン?」になったりするよね。こういうのをリエゾンって言う。これは英語の音のつながりのルールが学べるから、いろいろ応用が利くようになる。

 

ただ注意するのは、つなげ方は人によって違うし、同じ言葉だけどその時のニュアンスでつなげる場所が変わってきたりする。絶対にこうなるっていう規則的なことはないから、いろんなのをみて、聞いたりする。自分で使いこなせるようになるまで、理解しよう。

 

おススメのYouTube

www.youtube.com

 

会話も忘れずに!

YouTubeで練習するのも大事だけど、リアルな会話とは別物。会話の中で聞き取れないと英語は意味ない。だからちゃんと普段から会話もたくさんしよう。そこでリスニングを鍛えよう!

 

リスニングを上達させるときに一緒にやっておくべき事 

 

びっくりするかもしれないけど、リーディングをやるとグッド!実はリスニングとリーディングは同じ脳の場所を使ってるから、一緒にやると効率よくリスニングを伸ばすことができる。 

 

リスニングで聞き取れるようになっても、理解できなかったら意味がない。多分初心者は聞き取るのに必死になるから、理解するのは後回しになることが多い。だからできれば、同時進行で両方鍛えておくのがベスト。

 

「リスニング➞聞き取れる➞頭の中で構造を確認➞意味を理解する」っていう工程をふむと思う。けどこれじゃあ会話では遅くなってしまう。これを一気に短く、「リスニング➞意味を理解する」にまで持っていく必要がある。英語が話せる人の頭の中はこうなってる!

 

リーディングについてもっと知りたい人はこちら➞英語独学に欠かせない!大人のリーディング勉強法!英語は独学!おススメのリーディング教材!

 

 

おわりに

英語が聞き取れないのは、英語を発音を知らないだけだったりする。「Have a good day!」を何回聞いても「ハブ ア グッド デイ」じゃなくて「ハバグッデイ」に聞こえておかしいなと思ってるって、おかしいでしょ?だってそう言ってるんだもん。もっと自分の耳を信じて、聞こえたままに発音をしてみよう!

 

 リスニングについてもっと知りたい

www.speaknovi.com

www.speaknovi.com

 

この記事が役に立ったらクリック

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 Photo by Aranxa Esteve on Unsplash