Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

超難関なスーパーの肉売り場やケーキ屋さん!アメリカ生活必見の英語フレーズ!

f:id:michiganenglish:20200930184343j:plain

 

スーパーの肉売り場で「そっちのじゃなくて、これが欲しい!」と言いたくてウズウズした経験はない?自分の右は相手の左だし、「2つとなりの」って英語で何て言えばいいの!?

 

ショーケース越しの買い物は、英語が難しい( ゚Д゚)

 

けど、もう大丈夫!ここで紹介するたった3つのフレーズだけで、欲しいものがドンドン買える!

 

と、その前にっ!

大前提として、ジェスチャーは必須!!!!

 

よく考えてみて?日本語でも、このやり取りは難しい。口だけで伝えるよりも、ジェスチャーがあるほうがスパッと伝わりやすくなる!

 

1.Not that.

店員-This?
あなた-Not that!

 

店員さんが「This? (これでいい?)」と聞いてくるので、「Not that!(ちがう!それじゃない!)」とはっきり答える

 

2.I want _____ ones.

大きいのがいい場合は
I want big ones.

 

チョコレートのが欲しい場合は
I want chocolate ones.

 

何味かわからないけどチェリーっぽい赤いのが欲しい場合は
I want red ones.

 

「ones」の前に、特徴を入れるだけ!

  • 大きさーbig, small
  • 見た目ーchocolate, strawberry, vanilla, glazed
  • 色ーwhite, pink, black 
  • かたちーround, square, triangle

 

※oneって1個? 
ここの「one」は数字の「1」ではなくて、代名詞としての「one」!日常生活ですっごくよく使う!だから、「ones」と「s」を付けて複数形にもできる!

 

3.I want the ones with _____.

 ベーコンを買う時に脂身の少ないのが欲しい場合は
I want the ones with less fat.

 

イチゴが入ってないのが欲しい場合は
I want the ones with no strawberries.

 

クリームがたくさん入ってるのが欲しい場合は
I want the ones with a lot of cream.

 

withのあとには、特徴を入れる。「あれ?2番と一緒?」と思った?実は、2と3の違いは2つある!

 

3番のほうが複雑なことを言える:

例文を見るとわかるけど、2番は1つの単語だけで表してる。形容詞の扱い。

 

2番は全体の特徴、3番は上に乗ってるもの:

2番は、全体がチョコ味な時に使う。けど、3番は、ショートケーキみたいにイチゴが上にポンっと乗ってるような場合に使う。 

 

ちょっとニュアンスは違うけど、難しければ「複雑な時にwithを使う!」だけを覚えればオッケー!

 

 

写真はここから↓
Food photo created by valeria_aksakova - www.freepik.com