Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

私の文法の勉強方法

f:id:michiganenglish:20210127204555j:plain

  

///初心者向けの英文法テキスト発売中!/// 

 

韓国語の勉強をほぼ1年間やってみて、文法の勉強法が確立してきました!なので、今回はそれをシェアしていきます!

 

ここまでかなりグルグルと回り道だったので、1年もかかってしまった( ゚Д゚)それでは、そのグルグルまわった1部を紹介します!

 

 

韓国語にも不規則な動詞の変化が沢山!!!

 

一応ルールみたいなのがあるから、それを一通りは読んだ。けど、多すぎてあまり頭に入らず・・・。

  

 

実は、「文法の話をする!」と言いつつも、文法の勉強を本格的に始めたのは半年くらい前(笑)半分はやってないのかー!

 

だって、文法嫌いなんだもん~。

 

スペイン語は文法なんて1つも知らずに話せるようになった。だから「文法なんていらないっしょ!」と思ってて、無視していた。

 

が、しかし、無視できるわけなく・・・。

 

 

で、最初は動画を見ながら1日1つのペースで理解していった。1つ目の動画だとチンプンカンプンで眉間にしわが寄りまくり(笑)けど、2つ3つと見てると、同じことを言ってるから、だんだんわかるようになる!

 

動画見ながらメモを取って、自分なりにノートにまとめた!

 

ただ、これだと1週間後に忘れる・・・。脳みそちゃん( ゚Д゚)メモの内容も全然わからない・・・。

 

 

その時に困ったのが、例文を見てる時に、全然知らない単語が出てきたこと。文法を理解したいのに、単語がわからないから、さらに文法もわからない。

 

悪循環~。

 

 

けどある時、韓国語レッスンの時に、不規則の動詞が口からパッと出てきた。「多分あってないと思うけど、こんな感じだったな~」って感じ。

 

そしたら先生が「おっ!正解!マジョヨマジョヨ」って!(マジョヨマジョヨの意味は不明・・・笑)

 

実はその時に、不規則の動詞の動画を見ながら、口に出して繰り返すって言うのをずーーっとやってた。それが効いて、自然と覚えてた!!!!!

 

 

そして、文法の勉強は時間がかかっていやになったから、単語を覚えるかのように「if=もし」「want to=~したい」みたいに覚えだした。うわべだけをペロンと暗記。

 

そしたら、その日に覚えたことがリーディングやテキストに出てきたりして、「あ!この文法だ!」と、自然と繰り返し文法を見る機会が増えたから、記憶に残りやすくなった。

 

あと、文脈の流れから、文法のニュアンスをつかめるようになった!

 

 

そして、だんだん時間がたっていくうちに、単語も増えたおかげで、理解できる例文が増えてきた!

 

 

というわけで、1年間やってみて文法の勉強で大事だなと感じたのはこの4つ↓

  1. 音で覚える
  2. 単語命
  3. 文法は深掘りせずにサラッと覚える
  4. リーディング、ドラマ、動画は欠かせない

 

今回痛感したのは、文法は1回でふか~く理解するよりも、浅く広く知っておくほうが私には向いてるってこと。

 

繰り返し勉強しながら、浅いものを少しづつ深くしていけばいいんだな~。

 

 

これはあくまでも私のやり方!「これがおススメ」「この方法だと確実だよ!」なんてものではない!これが近道かどうか知らんっ!むしろ回り道かもよ(笑)

 

深く掘りながら進めていくのもアリだし、しっかりルールで覚えていくのもアリだと思う!人には人の乳酸菌!じゃなくて、勉強法!

 

あなただけの、方法を見つけられるように頑張ってください~。

 

 

 

Background photo created by freepik - www.freepik.com