Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

【参考例満載】確実に効率よく英語が上達する目標設定!ワークシートもあり!

f:id:michiganenglish:20211107191232j:plain

 

  • 正しい目標の立て方がわからない
  • 目標を立てたけど成果が出ていない

こういった悩みにに答えていきます!

 

++目次++
  1. 目標を立てたのにうまくいかない理由3つ
  2. 目標の立て方ー5つの大事な要素とは?
  3. 英語のための目標設定ワークシート

 

この記事を書いてる私は、英語・スペイン語が話せるトリリンガル(世界で13パーセントしかいないらしい!)。韓国語学習歴1年半(1年以上毎日1時間半以上の勉強を続けてます!)という、語学学習の魅力に取りつかれている人です!

 

1.目標を立てたのにうまくいかない理由3つ

1:目標が難しすぎる

難しいとやる気がなくなるのが人間というもの。

 

改善方法ーちょっと難しそうと思うくらいに設定する

 

改善例3つ紹介

①1日1時間勉強する

→1日30分勉強する

 

②ドラマで知らない単語が出てきたらすべて覚える

→1つのドラマにつき3個までと限定する

 

③スキマ時間に5W1Hの質問をひたすら自分に投げかける

→1日1回what, where, whenの質問を自分に投げかける

 

目標が難しいと達成しにくくなります。そういう場合は、少し簡単なくらいにしましょう!

 

2:目標があいまい

目標があいまいだと達成のしようがありません!

 

改善方法ー目標に数字を入れる

 

改善例3つ

①外国人とスムーズに話せるようになる

→外国人と話すときに最低3単語3秒以内に言う

 

②中学英語の文法をマスターする

→それぞれの文法項目を使って、1つの文章が作れるようになる

 

③映画を字幕なしで見れるようになる

→リスニングを毎日10分やって、映画でよく使われる単語800個を復習する

 

スムーズやマスターするというのはとても曖昧な表現なので避けましょう。

 

なので、こういう場合は目標を設定しても達成できないので、気を付けましょう!

 

3:目標が大きすぎる

目標が大きすぎると、目標までの小さなステップが見えていないことが多いです。もしくは、ステップが多すぎてたどり着けなくなります。

 

改善方法ー細分化して、コツコツこなす

2つの改善例

目標①「英会話フレーズを50個暗記する」

細分化していくと

  • よく使われる英会話フレーズを検索する
  • その中から簡単そうなものを50個選ぶ
  • フレーズの中の知らない単語を調べる
  • ネイティブの発音を聞く
  • 1日最低1回フレーズを繰り返す

 

目標②「雑談ができるようになりたい」

細分化していくと

  • 雑談の時に何が自分に足りていないのかを考える(考えた結果、相槌・緊張・話題についていけないに、などが出てきたとしまう)
  • 相槌を10個学ぶ
  • 緊張しない方法を調べて5つ試す
  • SNSやウェブサイトで最新情報を毎日手に入れる

 

目標が大きいことに気づかないで走り続けてしまうと、なかなかたどり着けずに諦めてしまいがちです。

 

なので、しっかりと分析して、細分化して、目標を立てましょう!

 

2.目標の立て方ー5つの大事な要素とは?

目標を立てるときに、これから紹介する5つを考慮すると失敗しにくくなります!

 

++目標設定に大事な5つの要素++
  1. 今の自分の位置を知る
  2. 自分に足りていないことを把握する
  3. 目標を具体的にする
  4. 期限を決める
  5. 材料をそろえる

 

それぞれ例とともに説明していきます!

 

1.今の自分の位置を知る

成長して時の自分と比べるために、今の自分のレベルを把握しておきましょう!

 

勉強していると、最初に自分がどうだったかを忘れがちです。そうなると、成長に気づけず、やる気もなくなっていきます。

 

今の自分の位置を知る方法:

  • テスト(レベルチェックテスト英単語アプリ mikan
  • 今までの勉強量(文法、リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングをそれぞれどのくらいやってきたか)
  • 単語をどのくらい知っているか
  • どのレベルのリーディングなら理解できるか

 

2.自分に足りていないことを把握する

自分が何をすべきなのかを明確にするために、ゴールに必要なことをたくさん考える必要があります。

 

やり方:

  • 検索する
  • 自分で考える
  • 人に聞く

 

参考例:

◆目標ー発音を良くしたい

  • 「英語 発音 勉強法」で検索して、今までにやったことがない勉強を見てみる
  • 今までどの発音が通じなかったかを考える
  • 発音テストを受ける

 

◆目標ーリスニングを上達させたい

  • 「リスニング 学習法」で検索して、たくさんの学習方法を知る
  • 自分に一番必要なシチュエーションは何かを明確にする(旅行?ビジネス?ドラマ?)
  • 単語を知らなくて聞き取れないのか、単語は知ってるのに聞き取れないのか?を考える
  • リスニングテストを受けてみる

 

3.目標を具体的にする

目標が具体的でないと、失敗しやすくなります。達成できない目標は意味がない!

 

やり方:

計測できるようにする、目標設定ワード(下記参考)を使う

 

参考例4つ

①英語が話せるようになる!

→英語で話すときに最低3文言える

 

②英語でディスカッションができるようになる!

→問題に対して、賛成・反対意見が述べられる

 

③毎日日記を書く!

→SVOを使った文章で1日の出来事を表現する

 

ハリーポッターが読めるようになりたい!

→毎日30分リーディングをする

 

参考目標設定ワードリスト

  • スピーキング・ライティングー答える、質問する、説明する、サマライズする、表現する、述べる、〇文話す・書く、賛成・反対意見を述べる
  • リーディング・リスニングーサマライズする、大事な要素を抜き出す、内容を誰かに話す、内容を絵にかく

 

4.期限を決める

期限を決めると、ハッキリと達成できたかがわかるので、やる気につながります!前に進んでいる、上達してる感をより感じやすく!

 

やり方:

  • 1ヵ月を目安にする
  • 全体の数で割る

 

参考例4つ

①単語を100個覚える

→1ヵ月で単語を100個覚える

 

②外国人の友達を作る!

→1ヵ月以内に外国人の集まるパーティーに最低2回参加する

 

③中学の基礎文法を学ぶ

→50ページの問題集を1日3ページやって、20日以内に終わらせる

 


④発音を学ぶ

→40個の発音記号を1日1つづつ学ぶ、2か月以内に終わらせる

 


5.材料をそろえる

これができていない人が多すぎる!

 


素晴らしい目標を立てても、それを達成するのに必要な教材・道具・音声・本・時間がないと、ゴールに進めない。

 


やりがちな失敗例:

  1. シャドウイングをするー音声を30分間分しか用意していない
  2. 英語で日記を書くー毎日出かけないのでネタがない
  3. 毎日15分本を読むー本を1冊しか用意していない

 

材料のそろえ方の例3つ:

①1ヵ月毎日5分間シャドウイングをする

YouTube動画を40本選んでPlaylistに入れる

 

②英語で日記を書く

→ネタのサイトを探して、3~4つブックマークしておく

 

③毎日15分本を読む

→面白そうな本を検索する

その中から5~6冊をいつも本を読む場所に積んでおく

1週間に1回「洋書 おすすめ」で検索して面白そうな本をブックマークしておく

 

3.英語のための【無料】目標設定ワークシート

4つの質問に答えると、簡単に目標が書けるワークシートを作りました!

f:id:michiganenglish:20211110051719j:plain

f:id:michiganenglish:20211110051731j:plain