Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

今のままで大丈夫?20ヵ国語話せる人おススメの英語勉強法!

f:id:michiganenglish:20200930180255j:plain

 

今回は、なにをどのくらい勉強したら、英語が話せるようになるのかを紹介します!

 

英語学習というと、「文法」くらいしか頭に浮かばなかった?それだと絶対に話せるようにはならない!

 

今回は、20ヵ国語話せるSteve Kaufmanさんがおススメする語学学習法です!あなたの英語の勉強を見直してみてね!

 

もし1日10時間あれば・・・

Steve Kaufmanさんが、「もし1日に10時間勉強するなら、こんな勉強をする」というのがこれ↓

  • 4時間: リスニング、リーディング、単語
  • 3時間: 映画、歌、人と会う
  • 1時間: 文法
  • 1時間: ライティング
  • 1時間: スピーキング

 

しかも休憩時間にもずっとその言語を聞く!

 

勉強に飽きないために、「映画・歌・人と会う」のはとても大事らしい!確かに、コツコツと続けていく工夫は重要!

 

元記事はここ↓
How long should it take to learn a language? - Linguist
ある程度ペラペラになるにはどのくらいの時間がかかるかなど、20ヵ国語勉強してきたからこそわかることがたくさん!

 

日本の英語学習と比較

中学・高校の英語では、文法と単語がほぼ99%で、リーディング・リスニング・スピーキング・ライティングがほんの少し。映画・歌・人と会うのはゼロ!

 

どおりで、日本の大学を卒業しても英語をペラペラな人はいないわけだ・・・。

 

10時間の勉強内容を読みほどくと

Steve Kaufmanさんの内容は2つに分けられる!1人でできる学習と、誰かとコミュニケーションをとること。

 

割合でみると、大体4対1くらい。

 

コミュニケーションの内訳は、3時間の「映画、歌、人と会う」から1時間と、リスニングとスピーキングからそれぞれ30分づつを取ってきた。

 

つまり、1日1時間勉強してる人なら、週1でネイティブと会う必要がある!

 

勉強時間の割合を知ったおかげで

実は、私の韓国語の勉強はSteve Kaufmanさんのおススメと似たような感じ!

 

最初の半年間は、大部分の時間を単語とリスニングに割いてきた。韓国語ゼロの状態からスピーキングもライティングもやっている。

  

けど今回、「こんなに映画や歌の割合が多くてもいいんだ!」と気づいた!

 

半年くらいずっと勉強にばっかり時間を割いてきたせいで、この前、スランプにドボンとはまった( ゚Д゚)

 

楽しむ要素を含んでいなかったからだ! 

 

それがきっかけで、「疲れて勉強できないときはドラマを見る」と決めた!そのおかげで、「あ今日は勉強できなかった」と落ち込まなくなった

 

足りないのは人と会うこと

私に圧倒的に足りないのが「人と会う」こと。語学学習には欠かせない!

 

そして最近、韓国語のオンラインレッスンを始めて、話す時間が少し増えた。けど、それじゃあまだまだ足りない!

 

コロナだから人と会えないと思ってた。けど、こんなの言い訳

 

オンラインでいくらでもどうにかなる!

 

というわけで、Meetup」の韓国語のグループに参加してみたいと思います!※Meetupは趣味が合う人同士が繋がれるサービス→Meetup - Wikipedia

 

 ぜひSteve Kaufmanさんの勉強を参考にしてみてください!

 

Background photo created by 8photo - www.freepik.com