Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

英語の習得の妨げの1つ!日本人独特のバイアスとは?

f:id:michiganenglish:20201222200713j:plain

 

////お知らせ////
2021年1月1日に「超短い!」英文法テキストを発売します!
1ページ1項目で、文法についての説明とサラッとできる問題がついてます!サンプルは一番下へ↓
もっと詳しく知りたい人はここから

 

英語を勉強するときは、日本人独特のバイアスがかかってることを意識したほうがいい!

 

バイアスって何?→簡単に言うと無意識のかたよった考え。例えば、女の人のほうが男の人よりもやさしい、みたいな。優しい男の人もいるし、冷たい女の人もいるのに、なぜかそう思いこむようなことをバイアスという。

 

このバイアスが、実は英語習得の妨げになっている!

 

特に注意したいのが、「変化を好まない」と「新しいものを受け入れづらい」の2つ!

 

 

私はよくビジネス書を読んだり、ビジネス系YouTubeを見る。耳にタコができくらい、みんなが口をそろえて言ってる。

 

確かに、「習い事をちゃんと続けなさい」なんて言われてきたなと思う。けどアメリカで子育てをしてると、習い事をみんなポンポン変えている!

 

「もう興味がなくなっちゃったみたい」とか「今は他のことをやりたいって言ってて」とかよく聞く。

 

もっと大きなところでいうと、日本でいまだにFAXが使われてることは、世界の人からするとかなりの驚き!他にも、転職しないとか、税金が上がろうものならものすごい反対運動が起こるとか、変化を恐れてる。

 

恐ろしいことに、これが英語でも起こっている!

 

未だに参考書を使って英語を勉強してる人が多い。他にもいろんな方法はあるのに!

 

 

「単語はどうやって覚えてますか?」と聞くと、大体がひたすら書いて覚えると・・・。いやいや、もっと他にも暗記方法はあるから!

 

 

そして次に「新しい物を受け入れづらい」について。

 

これについては20年前のメキシコで痛感したことだった。

 

日本では体罰が未だにいいとされてたりする。「叱るときにちょっとくらいならいいんでしょ?」みたいな。

 

けど、メキシコのお母さんは「昔は、息子が悪いことしたらおしりバンバン叩いてたけど、今はそんなことしたらダメだもんね~」なんて言ってた。ちゃんと受け入れてる!

 

あとは、若者のちょっと奇抜なファッションに対して、大人が「それめっちゃいいね!」という反応をする。「私もそれ欲しい!」なんてなることも(笑)

 

日本だと「そんなもの着て!」と怒られるしょ? 

 

そこで英語に話を戻すと、突然ですがこの文章わかる?↓

You can venmo me.

 

「venmo」が動詞。実は「venmo」はお金を友達同士で送れるアプリのこと。今では「venmoでお金を送る」という動詞としても使われるようになった。「グーグル」が「ググる」になったのと同じ。

 

訳すと
venmoしていいよ。venmoを使ってお金を送っていいよ。

 

新しい文化である、キャッシュレスをスパッと取り入れて、便利なアメリカ生活を送っていると、必ず出会える単語。だけど、さっきの文章がパッとわかる人は本当に少ないと思う。

 

もったいないよ!

 

ネイティブとコミュニケーションをとるためには、英語の知識以外にも、アメリカの今を敏感に感じることも大事!「venmo」は辞書には載ってないから。

 

 

というわけで、今回は日本人がかかっている「変化を嫌う」「新しいものを拒否する」というバイアスには要注意、ということでした!

 

決して、日本人のこの2つの考え方がいけないとかではない!ただ単にこういう考えが根本にあることを、頭のすみっこに置いておこうね、ということでした!

 

 

文法テキストサンプル↓

f:id:michiganenglish:20201222201419p:plain

Food photo created by freepik - www.freepik.com