Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

悔しい・・・

今日はコロナちゃんのお話です。悔しくて涙が出そうです。

 

実は、今日から娘ののんちゃんの体操教室が本格的に始まる予定でした。コロナ期間中は、Zoomで毎日1時間ほどトレーニングをしていました。ここ1か月ほどは、体操教室の外でトレーニングができるようにまでなっていました。

 

そして、今日いよいよ室内での4時間の本格的な練習がスタートする日でした。

 

私もうれしくて、ここ1週間は「のんちゃん、楽しみ~?」なんてずっと聞いてました。

 

すると突然昨日の夜遅くに、「まだ始められない」というメールが届きました・・・。

 

珍しく、オーナーのキムからのメールでした。そのメールからは、なんでレストランやバーは空いているのに、体操教室は開けられないのか・・・、という悲しい叫びが書いてありました。

 

ここまで来るのに、コーチたちはかなり苦労したと思います。

 

州宛て「に子供たちはこんなに練習したがってるんです、ちゃんとしっかりした施設です」という文章を、体操教室のみんなで送りました。

 

コーチたちも、体操教室内を改装したり、空気清浄機を入れたり、手を触れなくても入れられるWater fountain(水飲み機で、水筒に水を入れることもできる、よく空港で見かけるやつ)を設置したりと、頑張っていました。

 

なのに・・・。

 

これからのんちゃんに何と伝えたらいいのか・・・。