Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

感動した話

コロナウイルスの影響で、子供たちのいろんなことがなくなっている。

 

学校もないし、体操も、サッカーも・・・。

 

娘ののんちゃんなんて、真裏に住んでる大親友が体が弱いから、まったく遊べなくなってしまった。

 

息子の太陽の友達を誘ってみたけど、やっぱり駄目だった・・・。

 

そんな中、昨日のんちゃんの体操教室からメールが来て、オンラインでコーチたちがいろんなことをやってくれると!

 

ちょっと覗いてみたら、ビデオの中でコーチ自らがお手本のエクササイズをやってくれてた。あと、「こういうエクササイズをしてね」とか「水をたくさん飲もうね」とかのコメントもあった。

 

それ見た瞬間涙が出そうになった( ;∀;)

 

周りに家族いたから泣かなかったけど、今考えただけでも涙出そう。

 

自分でも不思議~。

 

よくわからない涙。感動したのか、うれしかったのか、子供が我慢してるからなのか、自分でもわかんないけど泣きそうに。

 

とにかく、乗り切らないといけないと、思った。

 

これって歴史的に見てもすごいことだよなって、実感してきた。きっと30年後とかに「あの時は学校なくて大変だったね~、トイレットペーパーがね~」とか言い合ってるんだろうね。

 

子供に「え!?覚えてないの!?」なんて言ったりしてさ。

 

早くそうなる日が来ますように。

 

終わりが見えないのはつらい。