Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

日常会話に必要な英語のレベルって?どこまで勉強すべき?

f:id:michiganenglish:20190930185145j:plain

 

 

中学英語だけあれば、日常会話はチョロい!

 

日本では中学から英語が始まって、大学になるまでずーーっと英語を勉強する。最近だと小学生から英語の授業がある!大人になって、社会人になってもTOEICというものが存在して、とにかく英語の試験が付きまとう。

 

そんなに勉強しても話せないから、話せるようになるためにはもっと英語を勉強しないと多くの人が勘違いしてる( ゚Д゚)

 

いやいや、どこまで上へ行ってしまうの!?(笑)

 

必要なのは勉強ではなくて、中学英語を上手に使いこなすこと!

 

 

中学レベルで恥ずかしい?

レッスンを受けに来るほとんどの人が、初めて会う時に申し訳なさそうに「中学レベルです。」っ言う。

 

けど、実はそれだけあれば十分!

 

自信をもって「わたしの英語は中学レベルあります。」って言ってほしいよ。

 

 

ネイティブも中学レベル

私が普段話すのもすべて中学英語レベル。

 

私は15年以上アメリカに住んでて、今まで、大学に行ったり、レストランでバイトしたり、ちょっと仕事したりしたことがある。子供が生まれてからは、学校と関わったり、ママ友と接することが本当に増えた。

 

私は英語を勉強したというよりも、周りの言ってることを真似して話せるようになってきた。

 

だから特に思うけど、日本で習うような難しい英語って、日常生活の中では使うことはない!

 

アメリカに旦那さんの赴任で家族できました」っていう人は特に難しい英語の知識はなくても全然大丈夫!ママ友と話したり、学校の先生と話すくらいであればそのレベルで全然問題ない。

 

というのも、ただ単に簡単なことが言えるようになるではない!

 

ちゃんと普通の大人として対等に会話できるようになるから、安心して。

 

 

高校レベル大学レベルの英語はいつ必要?

これが必要になるのは、会話の中ではない。

 

例えば、論文を書くとか、読む時は難しい単語もたくさん出てくるし、絶対に必須なのが、このレベルの単語。単語だけではなくて、文法もまあまあ複雑なものに出くわす。イディオムとかも。

 

私も、英語の学習法だったり、習慣化についての論文とかをたまに読むけど、結構難しい。

 

あとは、大人向けの本を読むのもやっぱりこのレベルが必要。

 

本の難しいところは、スラングとかも知っていないといけないから、そういう面では論文よりも難しいかも。スラングには文法書とか単語帳ってないし。それに、日本語と同じように、毎年いろんな新しい言葉も増えていくから。

 

ニュースを読むほうがもうちょい簡単かな。高校レベルくらいで、ニュースの単語をしっていれば、結構いける。

 

ね、普通に暮らしていくのに、高校レベル以上の英語っていらない!

 

スーパーの店員さんと話すのに難しい単語使わないし、そんなに難解なものってない。文法も結局一番簡単で、シンプルなものを好むんだよね、英語っていうのは。 

 

 

難しい単語は中学レベルに置き換えられる

例えばこの高校レベルの単語の一覧。⇩

f:id:michiganenglish:20190930191229p:plain

 英語漬け.comから抜粋

 

いくつかを中学レベルの単語に置き換えてみると

  • accept ー get
  • achive ー reach
  • acquire ー get
  • add ー put 
  • advance ー move forward 

 

あなたにも馴染みのある単語になってでしょ?

 

こういう単語は文章の中には出てくるけど、会話の中には出てこない!

 

昔、パックン(アメリカ出身のお笑い芸人さん)が書いた記事で読んだ覚えががあるんだよね。日本人はこういう難しい単語を使いすぎて、アメリカ人に「なんでそんなに偉そうに!」と思われたりもするらしいよ。

 

これは多分ビジネス英語に関する記事だったと思うけど。

 

この記事見つけられなかった、ごめんね・・・。

 

 

中学も高校もやってる文法は同じ

 同じ文章なんだけど、中学と高校では教え方が違うらしい⇩

 

【中学ではこう】

f:id:michiganenglish:20190930193416p:plain

 【高校では同じ文章をこう】

f:id:michiganenglish:20190930193456p:plain


中学英語と高校英語の違いをわかりやすく解説!どちらが勉強におすすめ? - 違いを解説君
からの記事を一部抜粋

 

つまりは、中学で習ったことをさらに小難しくしたのが高校英語。

 

まあそればっかりではないかもしれないけど、基本はもっと文の構造を細かく見ていくのが高校英語みたい。

 

いや、文の構造なんてそこまで詳しく知らなくても英語は話せるよ!

 

だって私たちだって、日本語の助動詞とから抜き言葉とかいろいろ細かい文法の要素は知ってるけど、そこまで詳しくは答えられないよね?

 

それと同じで、ある程度わかってるだけで、英語も話せるようにはなる。

 

 

おわりに

もし今から英語を勉強しよう!と思ってるのであれば、中学英語をマスターすれば問題なし。

 

中学英語さえあればネイティブと対等に話せる!

 

むしろその英語をどんなふうに使っていけばいいのかを考える必要があるから、そこを頑張ってね~。

 

「習うより慣れろ!」↼めっちゃ良い言葉!英語話せるようになりたいならまさにこの言葉がピッタリ(*^^*)

 

 

過去記事⇩

英会話には英語の文型なんていらない!おススメの覚え方! 

【英語中級者必見】日常会話レベルから抜け出すためにすべきたった1つのこと!

本田圭佑の「きよきよしい」から学ぶ?英語勉強の大事なこと! 

 

 

Photo by Paige Cody on Unsplash