Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

使い分けに悩む?本「核心のイメージがわかる!前置詞キャラ図鑑」が使える!

f:id:michiganenglish:20190926022530j:plain



 

前置詞って「atは、~で~に」「onは、~の上に」って覚えるのではなくて、前置詞そのもののイメージをつかむのがすっごく重要!

 

本「核心のイメージがわかる!前置詞キャラ図鑑」では、そのイメージが理解できるようになる!

 

しかも著者はなんと「関正生先生」!!!

 

「誰やねん!?」って?

 

関先生はスタディサプリの英語のカリスマ講師!!!スタディサプリはオンライン上の塾とか予備校って感じ。今までは、わざわざ通わないと先生の授業が受けれなかったのが、オンラインだといつでもどこでも好きな時に講座が見れる!

 

時代は変化するよね~。

 

 

さすがカリスマ講師

関先生は、さすがわかりやすさでナンバー1の先生だけあって、難しい前置詞も2,3行の文章でうまくまとめてある。

 

しかもイラスト付きだし!

 

イラストがあることで、さらにイメージがつかみやすくなる。 

 

 

前置詞って意味不明

私も昔は前置詞がすっごく苦手だった。

 

問題を解いてても、ほぼあてずっぽう状態( ゚Д゚)

 

その時にこの本に出会っていたかった・・・。遅いわ・・・。

 

英語の授業では「~で」って場所を言うのは「at」って習ったけど「レストランでご飯を食べた」っていうのは「in the restaurant」も使えたりするわけ。

 

いやいや「in」は「~の中で」でしょ?

 

あ~そっかレストランって中で食べるもんね~。じゃあなんで「at」を使うんだ!?

 

「壁に」っていうのも「on the wall」って言ったりね。いやいや壁は横じゃないか!?「上に」っていうを想像するのは難しいな・・・。

 

頭の中がこんがらがってた。 

 

 

本の使い方3つ

1.全部は必要なし

1つづつ前置詞を説明してくれてる。けど、その中には「こういう使い方もできるよ」っていう応用みたいなのが入ってる。

 

それは必要なし。

 

日常会話で使うのは、基本のコアなイメージの意味合いばかりだから、わざわざ難しいものを覚えなくても大丈夫。

 

あとはぶいても良さそうなものはこの9個。日常生活で私はほぼ使わない⇩

  1. of
  2. against
  3. since
  4. across
  5. among
  6. beside
  7. beyond
  8. within

 

(1.ofは結構使うんじゃないの!?って思った?そうなんだけど、前置詞だけで使うことがほぼない。動詞や名詞とくっつくことが多いから、ここに入ってる。)

 

2.atとinってどう違うんだっけ?

前置詞でよくつまずくのがコレ!

 

どっちを使えばいいのか迷ったときに、参考にしてみるのがいい。

 

3.この本1冊だけではどうにかなるものではない。

この本はあくまでも説明のみ。

 

私は例文を見ながら「なるほど、こうやって使うのね~。こんな風にね~。」なんて理解していくことが多いから、この本だと少し物足りない気がした。

 

例文が欲しい場合は日本語のサイトからではなく、英語の辞書で調べると、本物の英語だからおススメ。日本語の方だと「こんな言い方しない!」っていうおかしい表現があったりするから、注意が必要。 

 

 英語辞書おススメサイト⇩

 

文章を出してくれるサイト⇩

Use in in a sentence | in sentence examples

 

 

おわりに

 前置詞に悩んだら、本「核心のイメージがわかる!前置詞キャラ図鑑」を読んで、イメージをしっかりつかもう!

 

あとおススメは自分で前置詞のキャラを作ってみること!

 

世界のベストセラー本「脳が認める外国語勉強法」にも書いてあるけど、人によって持っているイメージは違うから、単語を覚えるときは自分で単語帳を作るのをおススメしてる。

 

例えば、「犬」と聞いて大きな犬を想像する人もいれば、小さな犬の人もいる。モジャモジャノけかもしれないし、毛が短い犬かもしれない。

 

あくまでもこの本のキャラクターは関先生が想像するキャラだよね?

 

だから自分でも作ってみると、さらに理解が深まる!!!!

 

さー、前置詞をイメージでつかんでマスターしちゃおう!

 

 

その他おススメ英語学習本⇩