Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

文法が楽しくなる!本「1回読んだら忘れない中学英語」紹介!

f:id:michiganenglish:20190919085924j:plain

 

 

文法勉強したいけど、なんか難しいからイヤだなって思ってるなら、この1冊がおススメ!普通の文法書よりも、イラストが多くてカラフルだから楽しい!

 

私は、英語を話すためには文法は勉強しなくてもいいと思ってる派。まあ、ここはいろんな意見があるところ!

 

けど確かに、理屈を先に理解してないとダメな人とか、全体を把握してる方が自信がついて英語を話しやすくなる、っていう人もチラホラいたりする。

 

だから今回は、そういう人に役立ててもらえる1冊を紹介!

 

もちろんTOEIC受ける人や、英検受ける人にもおススメ!

 

文法書なのにイラストありで、表紙もカラフルで、楽しく読めるのがこの本の良いところかな。

 

タイトルに「1回読んだら忘れない」ってついてるけど、まあ忘れるわ・・・。

 

  • 本「1回読んだら忘れない中学英語」
  • 著者:久保 聖一
  • 1404円(税込み)
  • Kindle版もある!

 

 

読み進めやすい本

初心者フレンドリーな本だなっていう印象。

 

やっぱり文字が沢山つまった、カチカチの表現を使った、教科書のような本だと手に取りづらい。けど「この文法書ならちょっとワクワクするかも!?」って思える。

 

 

この本のここがすごい!

1.表現が楽しい

文法の用法を説明するのに、いろんなものに例えてくれてる。

 

例えば

 

  • 動詞は社長
  • 接続詞は桃太郎と犬
  • 前置詞は幹と枝

 

不思議で面白いでしょ?

 

「動詞が社長」って言うのは、英語の中で同氏が一番大事な存在だから。会社の中でも一番偉いのは社長だよね。

 

で、しかも命令するのも社長でしょ?

 

だから動詞1つだけで「Go!」って社長が言えば、みんなが動く。だから動詞は社長っていうイメージを持っておくといいんだってさ! 

 

2.日本語は自分視点・英語は相手視点(72ページ)

この意味がわかると英語が理解しやすくなると思った。

 

たった2ページの項目なんだけど、この本の中で英語を話すために唯一役に立つ!

 

ウチの娘がよくやるんだけど、「のんちゃーん!ご飯できたよー!」って呼ぶと、「今来るよー!」って言う(笑)これアメリカ育ちの子供たちのあるある。

 

日本語では「今行く!」が正解。英語だと「I'm coming!」って言う。

 

こういう違いってなかなか知らないでしょ?

 

3.助動詞はすごくおススメ(第4章助動詞78ページ~)

いろんな表現を使って説明してくれてるんだけど、その中でも助動詞の説明がしっくりきた!

 

これも覚えておけば会話の中でも使いやすくなる。

 

英語って「これはこう」っていう風に覚えるのはかなり難しい。言語ってほんと複雑だから。だって「鼻をかむ」ってよく言うけど、これなんで「かむ」っていうか説明できる?

 

そんなのと一緒。

 

だからイメージをつかんでおくのがすっごく大事!

 

「must」の項目には松岡修造が出てくる(笑)

 

「You must eat tomatoes!」は「あなたはトマトを食べなければなりません。」だけど、想像してみて、これを松岡修造が言ってるところを。

 

 わかりやすい!

 

 

でもやっぱり文法書は文法書

ただ読み始めて10ページくらいで感じたけど、難しい・・・。

 

私は文法が基本嫌い。

 

だってわざわざ完了形だとか、前置詞だとか、小難しい名前をつけて、カテゴリー分けされてて、本当にチンプンカンプンだから。

 

だから私みたいにもともと文法が苦手な人にとっては、いくら楽しく書かれてるからって理解しにくい本。

 

それに中に出てくる例え(動詞は社長とか、前置詞は幹と枝)がわかりにくいものもあったな。「英語は江戸っ子の語順」ってあったんだけど、江戸っ子がどうやって話すのかを知らないよ私って思った。

 

あとはせっかく例えてくれてるんだけど、結局今まで覚えた文法の用語はコレってなってるから、二重で覚えないといけないのかなって気がした。 

 

 

おわりに

英語の文法を楽しく勉強したいなら、本「1回読んだら忘れられない中学英語」がおススメ!今までのかたい文法書とは違う説明の仕方がのってて面白い!

 

文法を本当に理解したいのであれば、文法書は一冊を読みこむよりも、何冊か持っておいくほうがいいかも!いろんな説明の仕方があるから、たくさんの表現を知ることによって自分の中に落とし込みやすくなりそうな気がする。 

 

 是非活用してみてね!

 

 

他にもおススメの本⇩