Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

会話に必要なのは簡単な英語の文法だけ!おすすめ9個はこれ!

f:id:michiganenglish:20190805174659j:plain

Photo by Baylee Gramling on Unsplash

 

 

英語の文法って多すぎて複雑すぎて、意味わからない・・・。

 

大丈夫!話すために必要なのはたったの3つ!

 

  1. 現在形
  2. 過去形
  3. 未来形

 

現在完了とか過去分詞とかとりあえずいらない。このシンプルな3つを上手に使えれば問題ない!

 

そしてこれらの疑問形と否定形を足して全部で9個っていうわけ!

 

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!でも、英文法はメジャーとマイナーに分けて考えるといい!と言ってます。

 

本の中では料理に例えられていて、メジャーなの物は鍋やフライパンや包丁を指していて、マイナーなものは圧力鍋とかすり鉢とか。圧力鍋なんてなくても普通に料理できるでしょ?っていうかウチにはむしろないっ。

 

この9つを使いこなせればいいから、簡単に英語話せるようになりそうな気がしてきた~?

 

 

英文法が難しい

「さあ英語の勉強がんばろう!」と気合を入れるものの、文法の本を開いてみるとあまりにもいろんなことが書かれていて、できる気がしない・・・。

 

仮定法、過去分詞、比較級の最上級などなどいろんな名前も複雑すぎて。

 

でもやっぱりこういうのができていないと、日常会話をするのに恥ずかしい思いをするんではないかと。

 

 

英語ができないから文法を頑張るも

試しに、英語のクラスに行ってみたら、日本人がスラスラと文法を並べて話していて、「ヤバイ、自分は何もわかっていない・・・」とショックを受けた。

 

それにいざ自分が話す番になって、昨日の出来事を簡単に話せばいいだけなのに、それすら出てこない。

 

だから頑張ろうと思って、文法を勉強するも、頑張ってやってるのに一向にペラペラとは英語が出てこない。結局最初と何にも変わらない気がして、やる気もどんどんなくなっていく。

 

そんな風にならないためにも、9個の文法だけ抑えていこう!

 

 

9個だけで大丈夫なの?

ちゃんと英語の知識がないと、大人としてダメなんじゃないの?なんて思われるかもしれません。

 

15年以上アメリカで生活してますが、過去分詞なんて言うのは決まったフレーズでしか使われなかったり、比較級なんてほとんど会話の中で出てきません。そんな1年に1回しか使わない文法よりも、毎日使う文法をマスターする方が効率がいい!

 

ここで紹介した9個がうまく使えるようになってから、新しい知識を取り入れても全然遅くはありません。

 

 

おわりに

英文法書なんて読まなくていいから、現在形・過去形・未来形だけしっかりおさえておこう!

 

そしてそれらを頭で考えなくても、自動的に口からでてくるようにする!

 

ただ知識を持ってるだけじゃ何の役にも立たない!日本から持って帰ってきた、すんごいおいしい明太子を冷蔵庫に入れっぱなしにしてたら、腐らせちゃった私みたいにならないで・・・。

 

どんなにおいしくても、冷蔵庫に入れっぱなしにしたら腐るのよ・・・。

 

本当にもったいない。あー、もったいないと思うあまりチョビチョビ食べてたのがいけなかった・・・。

 

とにかく9個の文法を使いまくってマスターしましょう!

 

 

 

もっと文法について知りたい?⇩