Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

年齢に関係なく英語は話せるようになる! 英語力を子供にぬかされても大丈夫!

f:id:michiganenglish:20190613091423j:plain

Photo by Caroline Hernandez on Unsplash

 

 

子供の方が英語を学ぶのに有利なんてことはない!大人だって全然いける!

 

子供を連れてアメリカに来た人ならきっと経験したことあると思います。子供に自分の英語力がどんどんぬかされていく・・・。最初は同じようなレベルだったのに。子供はやっぱりスポンジのように何でも吸収していくんだな、なんて複雑な心境です。

 

でも実は大人と子供は外国語の学び方が違うってこと知ってました???

 

英語の勉強サイトを見ていて、気になったので調べてみると、たくさんのサイトで大人の方が子供よりも語学を学ぶのに勝ってる!なんてことが書いてありました!

 

ちょっとうれしくないですか?大人は大人の方法で勉強していけば、子供みたいに、いやいや子供以上に、英語が話せるようになる可能性も全然あります!あきらめないで頑張りましょう。

 

 

自分の子供に負けてる

日本から来たばっかりの人に会う機会があります。そんな時に子供の英語が心配でなんて話をよく聞きます。そして、そんなこんなで久しぶりに会ったりすると、子供の英語がものすごいことになってたりします。

 

いや~、嫉妬するわ・・・。

 

ウチの子はアメリカ生まれなんで、英語を第二言語として習得するわけではないですが、やっぱり年々ぬかされるな~とジリジリときてる感じがあります。

 

「ママそれはおかしい」とか「その発音はこうだよ」なんて言われたりするとちょっとムッとします(怒)

 

けどママは負けないよっ! 

 

 

脳の違い

驚くべきことに、子供と大人は英語を第二言語として習得するとき、使っている脳が違うそうです!通りで子供は勉強せずに遊んでいるだけでも覚えられるわけだ・・・。

 

 

文法と単語力は完全に大人が有利

やっぱりこれは大人の方が完全に勝ってます!いや、勝ち負けではないことはわかってるよ、うんうん。子供のボキャブラリーなんてたかが知れてます。私たちが中学から高校までやってきた英語の方がもっとすごいんだからね!

 

 

大人には母国語の語学の知識がすでにある

やっぱり大きいのはここですね。私たち大人はすでに1つの言語はマスターしてるわけです。それに比べて、子供は日本語でさえもまだまだ完璧ではない!そこの教養は英語を習得するのにも役に立ちます。 

 

 

子供の話す範囲は狭いだけ

子供たちの話す言葉ってシンプルです。大人はもっと複雑な言葉を使って会話をします。そりゃそうだ。子供が子供と会話をするには、小さな範囲の英語を知っていればいい。それに比べて大人は広い範囲の語学を必要とされるので、その分、勉強しないといけない範囲も増えます。

 

 

子供は発音はいい

これはもう仕方がない・・・。大人になると聞く力は衰えます。それに比べて子供は微妙な違いとかも聞き分けることができます。しかも、聞いた音を表現するのもまた、うまい。 でも、コミュニケーションに発音はそんなに関係ない!

 

 

おわりに

でもやっぱり記憶力は年齢に勝てないから、やっぱり子供みたいに学ぶのは無理なんじゃ・・・。なんて思ったあなた! 最近の研究では脳は老化しないというのがたくさん発表されています!参考➞脳は老化しない|大人になると記憶力が落ちる原因は感情老化

 

大人になってからでも、英語を習得するのは全然遅くない!大人の得意な文法や単語力で勝負していきましょう!もちろん会話することも忘れずに。

 

ペラペラになってアメリカ生活をもっと楽しみましょう~。

 

 

参考にしたサイトこちら⇩

https://www.theclassroom.com/young-adults-learning-second-language-6635123.html

https://www.telegraph.co.uk/education/educationopinion/10315238/Are-children-really-better-at-foreign-language-learning.html

https://www.fluentu.com/blog/can-adults-learn-a-second-language/