Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

大丈夫!英語で緊張しすぎる?直前にやるとうまく話せる究極の方法8つ! 

 

f:id:michiganenglish:20190506185317j:plain

Photo by Celeste Horrocks on Unsplash

 

これから英語を話すとわかっていると、英語を練習したりしますよね?文章を作ったりして、上手に言えるまで繰り返したり。英語の準備をする人は多いです。

 

でも実は、体や心もウォームアップしておくと、さらにうまく話せるようになります!

 

それでは、話す直前にやると、緊張しづらくなったり、大きな声が自然と出せるようになる方法を8個紹介していきます!

 

 

 

1.笑う

笑いにはストレスを減らす効果が、研究で証明されています。お笑い番組YouTubeなどを見ていい気分になってから英語を話してみましょう!

 

 

2.マッサージ

気分をリラックスさせたいなら、体の中からもリラックスしましょう。マッサージで筋肉の緊張をほぐします。

 

 

3.ストレッチ

ストレッチをすると、血行が良くなります。緊張している状態は呼吸が浅くなり酸欠になりやすいです。でもストレッチをして血行を良くしておくと、酸素が脳や心臓に届きやすくしてくれます。

 

 

4.呼吸

これ、本当最強なんです!体も落ち着かせてくれるし、声も大きくなるし、脳の働きもよくしてくれます!

 

 

5.冷たい水を顔にかける

びっくりしてドキッとしそうなんですが、実は心拍数を下げてくれる効果があります。つまり緊張した時のドキドキが和らぎやすくなります。

 

それに、心拍数が下がると、酸素が脳や心臓に届くやすくなります。脳が体が働きやすくなるので、英会話もスラスラでやすく!

 

 

6.自分のことを気にかけてくれる人を思い出す

あなたの気分を、緊張モードから、幸せモードに切り替えることができます!

 

 

7.肩甲骨

大事なのは姿勢なんです。姿勢が悪いと声も通りづらくなるし、緊張もしやすくなります。なので、両手を伸ばしたまま後ろで組んで、肩甲骨をくっつけるようにストレッチをします。

 

 

8.お風呂

お風呂に入ると、筋肉が温められリラックスします。緊張をほぐすには、精神的なものだけでなく、体自体も楽な状態にしておくことが大事です。 

 

 

おわりに

このどれかを、家を出る前にやっておくといいかなと思います。いくつか組み合わせるのもアリだと思います!

 

ポイントは、緊張を解きほぐして、脳を働きやすくしておくことです。

 

緊張は声を小さくさせたり、自信をなくしてしまいます。脳がちゃんと動いていないと、とっさに、単語や動詞の活用方法がでてこなくなります。

 

どれも手軽にできる方法なので、是非試してみてください!