Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

【英会話学習者必見】1日5分続けるだけで英語が通じやすくなる方法

 

f:id:michiganenglish:20190424192642j:plain

 Photo by bruce mars on Unsplash

 

 

英語が通じない原因をあなたはわかっていますか?

 

日本人は英語ができるできないという前に、声が小さいというのがあります。過去記事➞英語の勉強よりもまず改善すべきことがある!英語が通じない4つの原因とは? 

 

そして、もしかしたらそのことにあなたは気づいていないかも?何度も聞き返されて、原因は自分の英語のできなささにあると思い、さらに勉強するも通じない・・・。 ただ単に声が小さいのが原因かもしれないのに・・・。

 

ここでは、声を大きくするために、日頃からできるエクササイズや発声方法を5つお伝えしていきます!

 

 

1.腹式呼吸

大きな声を出すのには、息をたくさん吐かなくてはいけません!腹式呼吸を普段からやることで、横隔膜が鍛えられ、しっかりとお腹から声を出すことができるようになります。

 

腹式呼吸のメリットについての過去記事 ⇩

よく聞き返される人必見!英語が10倍通じやすくなる方法とは?

 

 

2.姿勢

姿勢は腹式呼吸をするためにもとても大事です。お腹から胸をしっかり開いて、たくさん空気が入っていくようにしましょう!

 

ホースを思い出してください。ホースが曲がっていると水が通りにくくなりますよね?それと同じで、姿勢が悪いとそれだけ空気が通らなくなります。

 

それに、姿勢がいいと気分がよくなったり、英語に自信がついたりするんです!

 

 

3.リラックス

緊張していると声って小さくなりませんか?日頃からストレスをためないように、リラックスしておくといいでしょう!

 

お風呂に入ったり、アロマで癒されたり、ペットと過ごすなど、自分なりにリラックスできる方法を考えてみるのをおススメします。

 

 

喉を鍛える

スポーツをするときにウォームアップをしますよね?普段運動しないのに、いきなり全力疾走をしたら、どこか絶対に悪くなりそうです・・・・。それと同じで、英語を話す前に、のどや声のウォーミングアップをしてから挑みましょう!⇩

 

 

4.早口言葉

まずは声を出していくことが大事です。朝から何も話してないのに突然大きな声をだすのは難しいです。

 

話すために必要な、舌や口の中、口の周りの筋肉を動かしましょう!

 

英語でも日本語でもどっちでも!

 

 

5.リップロール

役者さんやアーティストがやる方法です!彼らは声が仕事で、大きくて聞き取りやすく発声をしますよね。

 

唇をブルブルを震わせます。やり方⇩

www.youtube.com

 

やってみるとわかるのですが、しっかり息が出てないと続けてやるのは難しいんです!これをやることで、息を大きく出す訓練になります。それに唇辺りも震えて血流もよくなりそう!

 

これで好きな歌を歌ってみるのが良いと思います~。

 

 

おわりに

紹介した5つの方法は、毎日継続することをおススメします!長くなくていいので、5分10分を一日1,2回やればいいでしょう。

 

「いやいや、そんな毎日やるなんて面倒くさい。けど声は大きくしたい!」と思っているあなたには

誰でもできる!緊張してても上手に英語を話す方法5つ! 

がおススメです。

 

5つのうちどれか1つでも試して、続けてもらえるとうれしいです!