Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

【新常識】英語で話すの緊張する?話せるようになるたった1つの工夫とは?

f:id:michiganenglish:20190227201228j:plain

Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash

 

 

頭の中できれいな英作文を作ってから、英語を話すことを続けているとどうなると思いますか?

 

「この言い方であってるのかな~」「文法間違ってたらどうしよう」なんて英語を話す前って緊張しますよね。完璧な英文を頑張って話そうとしますよね。間違いたくないから勉強してるわけですよね。

 

実は、失敗することが英会話上達につながります。文法や失礼な言い方になってないかどうかを気にする前に、言葉を発していきましょう!

 

 

私の子育て

私は子供たちにいつも失敗を求めています。

 

例えば、わざと忘れ物をさせたり、遅刻させたり、です。私がちゃんとチェックすれば忘れ物は防げます。遅刻だって、子供たちを急がせたり、私が準備などを手伝えば間に合います。

 

ただ、それだと私に言われてやることになります。

 

そうではなく、自分で気づいてもらいたいのです。「あー忘れた」という苦い思い出があれば、次からは自分で用意するようになります。その状況に直面した時に、どう対処すればいいのかと、自分で考えるようになります。

 

もしかしたら、「遅刻なんてしても全然問題ないんだ!」と思うかもしれないですが・・・。

 

私がここで言いたいことは、「間違ってみないと学ぶことができない」ということです。

 

 

英語も同じ

英会話も同じで、しっかり頭の中で文章を作っていくよりも、その場で間違いながら話すほうが、断然いいです!

 

「間違いにいく!」という心構えが大事です。

 

「自分の英語が正しいかわからないから、話さないでおこう」

というのはかなりもったいないことをしています。

 

間違うと気づくことがたくさんあります!

 

「あ、あの時間違って恥ずかしい思いをしたな」

という経験があるからこそ、次からは間違わずにできるようになります。

 

「あの単語がわからなくて困ったな」

となると単語を調べます。そうすればその単語は割と頭に残ったりします。もしくはその場でアメリカ人が教えてくれたり!

 

 

おわりに

「正しい英語を話そう」と思うよりも「たくさん間違いに行くぞ!」といるほうが気持ちも楽になります。

 

ちなみに正しい英語なんて存在しませんよ!英語を第二言語をしてる私たちに完璧な英語なんてありません。それにアメリカ人もあなたに完璧な英語なんて求めていません。言葉よりも表情やアイコンタクトの方が大事です。

 

もっと気軽に英語を話してみてください~!

 

 

 

インスタ始めました!

www.instagram.com