Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

あなたはまだ悩んでいるの?駐在妻が英語を話せない理由はこの2つ!

f:id:michiganenglish:20181122205520j:plain

Photo by AJ Colores on Unsplash

 

 

なぜ多くの駐在妻は英語が話せるようにならないのでしょうか?

 

  • センスがないから?
  • 頭の良さが関係してる?
  • 勉強時間がたりない?

 

などが考えられるかもしれません。でも実はそんなことではなーい!個人の実力の差などは関係ありません。

 

ここでは、駐在妻が英語が話せない根本的な大きな理由を2つ紹介していきます!そして、それをどのように解決していけばいいのかもわかっちゃいます!

 

 

 

1.追い込まれてない

 

多くの大人たちが、英語がないと生きていけない、という状況に追い詰められていません。

 

それに比べて、学校へ行かなければならない子供たちは、英語ができなければ大ピンチです。

 

  • 先生とコミュケーションを取る
  • 友達と遊ぶ
  • 授業、テストは英語
  • 親からは英語をやれと言われる

 

いくら日本人がたくさんいるクラスにいようが、やはり英語はどうしても必要になります。

 

なので、常に窮地に立たされている子供たちは、英語が親よりも早くできるようになります。

 

 

2.英語がなくても生きていける環境

 

駐在する場所というのはだいたい日本の企業が多い地域です。ここノバイは驚くほど駐在家庭が多いです。きっと比率的に全米一位(笑)

 

補習校のクラスでも2,3家庭しか永住組がいない・・・。

 

旦那さんの駐在に一緒にくっついてくる奥さんたちには、いろんな手助けをしくれる人がいます。何か困ったことがあれば、旦那さんが対応してくれるし、通訳も頼めるし、子供が英語ができるようになれば、子供に聞けばいいんです。

 

それに、日本人が多くいる地域なので友達にも困りません。

 

ぶっちゃけ、英語なんてなくても生きていける環境なんです。

 

これからアメリカに駐在で来るという人で、自分が英語ができなくて不安や心配と考えているのであれば、それは取り越し苦労です。

 

びっくりするくらい英語を話す出番がありません。

 

 

英語が話せるようになりたければ

 

自分から英語を話す機会を作るしかありません。

 

これがとても難しいんです。人間、必要ないことをやるのってかなり面倒です。

 

例えば、太ってもないのに、いきなり炭水化物抜きダイエットなんて、続くわけがありません。他にも、きれいな部屋なのに掃除するとか、「なんで?」って感じですよね。

 

でも、そういうことをやらないといけません・・・。ツラいな・・・。

 

つまり、アメリカにいる間に英語が喋れるようになりたいのであれば、英語の勉強を頑張ることよりも、自ら言葉を交わしに行ったり、自主的に話す環境に飛び込んでいくことがものすごく大事です。

 

 

おわりに

 

アメリカ駐在中に英語をマスターできるかどうかは、あなたの心構えで決まります!

 

もっと自分から無理やりにでも、積極的に話す機会を作って、英語を発する回数を増やしてみてください。必ず上達します!

 

もしくわ、日本人が一切いないような環境を作るとか、そういう場所に出向いでいくのもありですね~。習い事やボランティアなどが一番手っ取り早い方法かなと思います。究極は日本人がいないところに住むことだと思います。

 

是非、1人で勉強することから抜け出してみてください~。