Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

あなたはいくつわかる?発音を間違いやすい日常使いの英単語8つ!

f:id:michiganenglish:20180403115706j:plain

  

普段よく使う単語こそ、ちゃんとした発音を身につけたくないですか?

 

私たちは、英語を学び始めたときに、一番最初に書くことからはじめました。第二言語を習得するには、とても効率の良い方法です。そのため、耳から直接入ってくる音よりも、書いてある文字を優先して読んできました。

 

実は英語は、スペルと発音が一致しない言語なので、見たままに読まない単語が多くあります。

 

なので、自分でも気づかないうちに、間違えたまま覚えている発音があります。そのままにしておくと、通じない英語を話し続けることになります。困りますよね・・・。

 

そうならないためにも、ここでしっかり見直していきましょう!ここでは日常でよく使う8つを紹介するので、毎日の中に役立てもらえたらいいなと思います!

 

sayの活用

says ✖セイズ ⇒ 〇セッズ

said ✖セイド ⇒ 〇セッド

 

両方とも真ん中の「イ」がなくなります。i と y が挟まっているので、「イ」とつけたくなるのですが、そこは飛ばします。

 

この単語、めちゃくちゃよく使いますよね!今回紹介する8つのなかで、一番使用頻度が高いので、覚えて損はないです!

 

Asia

✖エイジア ⇒ 〇エイジャ

 

似たような単語に

 

Russia ✖ロシア ⇒ 〇ロシャ

Indonasia ✖インドネーシア ⇒ 〇インドニージャ

 

「sia」で終わりますが、発音は「sha」「ja」になるので注意が必要です。

 

歌手の「MISIA」っていますよね!あの人を思い出しましょう~。「ミシア」ではなく「ミーシャ」ですよ。

 

weekend

✖ウィークエンド ⇒ 〇ウィーケンッ

 

「週の最後」という意味なので、「week」「end」に分けたくなるのですが、くっつけます!

 

むしろ、

wee kend

と分けたほうがいいくらいです!

 

そして、最後の「d」に気をつけます。日本語の「ド(do)」にならないように、「d」だけの音だけを発音します。「そんなのわからないー( ゚Д゚)」という場合には、もう発音しなくてもいいです!

 

Japanese

ジャパニーズ ⇒ 〇ジャパーズ
※アクセントの位置注意

 

「Japan」ともアクセントの位置が変わってしまうので、こんがらがってしまう人が多いです。自分のことなので、間違わずに発音したいところです!

 

似たような単語に

 

Chinese ✖チャイニーズ ⇒ 〇チャイニー

Taiwanese ✖イワニーズ ⇒ 〇タイワニー

 

↑「アジア圏ばっかりじゃん!」

 

yell

✖エール ⇒ 〇イェル

※発音注意:伸ばさない

 

「エールを送る」なんていったり、「いきものがかりのYELL / エール」があるせいか、勘違いしている人が多いです。

 

しかも、日本語の「エール」とは意味が全然違うのも驚きポイントです!

 

例)Don't yell at me. 「どならないでよ!!!怒」

 

breakfast

✖ブレックファースト ⇒ 〇ブレクフスト

 

これは2つに分けて考えている人が多いです。どうしても「break」と「fast」に見えてしまいますよね。

 

でも、くっつけると発音が全然ちがうものになります。

 

「break fast」って言っちゃうと、「断食こわせーーー!!!」みたいに聞こえます(笑)まあ、breakfast自体の語源はそこからきていて、「夜ずっと食べてなかった状態を壊す」なのです。でも、その発音だとおかしいので、注意してください~。

 

question

✖クエスチョン ⇒ 〇クウェスチュン

 

ポイントは2つ

  1. 「ク」のあとに「ウェ(w)」が入る
  2. 「tion」はあいまい母音

 

他にも

tuition ✖トゥイション ⇒ 〇トゥウィシュン

quality ✖クオリティー ⇒ 〇クウォリティ

 

garage

レージ ⇒ 〇グラー

※発音注意

 

日本語にもあるのでどうしても、日本語読みをしてしまいます。これだと、全く通じないので注意が必要です!

 

最初の「ga」はあいまい母音なので小さく発音するのがコツです!

 

まとめ

日本人が間違いやすい発音を紹介しました!あなたはいくつ、正しく発音できていましたか?

 

ちょっとした勘違いを直すだけで、ぐっと通じやすい英語に近づけます。

 

明日から是非、堂々とこの8つの単語を使ってみてください!