Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

簡単すぎ!?英会話上達を目指すなら聞き上手をやめればいい!

f:id:michiganenglish:20180206113642j:plain

Photo by Meghan Duthu on Unsplash

 

 

スーパーのレジのおあばさんに、ぶあーーーーっと話しかけられて、何を言われたか理解できず、愛想笑いでごまかしたことはないですか?

 

もしくわ、

せっかく話しかけてもらったのに、結局一言二言会話しただけで、あとは無言になってしまい、気まずい思いをしたことはないですか?

 

こういう時に、何気ない会話ができるようになることが、駐在妻の目標に多いです。

 

でもこの目標に壁を作っているのは英語ではないかもしれません!実は、アメリカと日本の文化の違いが大きく影響しています。

 

日本では好まれる「聞き上手」が、あなたの英会話力アップの足を引っ張っているのはなぜなのか、今日は説明していきたいと思います。この記事を読むことで、勉強せずに、考え方を変えるだけで、英会話力が伸びること間違いなしです!

 

アメリカ人は自分のことを話すのが好き

アメリカ人 自分 とまでグーグル検索に入れてみると、面白い結果になります。⇩

 

f:id:michiganenglish:20180206121934p:plain

 

こんな風に検索されていることが多いようで、自分中心主義のアメリカ人に参っている日本人が多いようです(苦笑)

 

日本人が、「アメリカ人は自分ことばかり話す」と思うということは逆に、「日本人はアメリカ人ほど自分のことを話さない」ということになります。

 

つまり、日本人が普段している会話と、アメリカ人の会話の内容が、圧倒的に違うということがわかります。

 

日本人は聞き上手

日本では「聞き上手な人ほどモテる」「聞き上手が話し上手」なんて、言われるぐらい「聞き上手」であることが、とてもいいことです。

 

私はもともとおしゃべりなので、聞き上手に憧れます!

 

日本は自分のことを他人にペラペラとは話さない文化

自分の子供がいい成績だったことをママ友に話しますか?

突然見知らぬ人に、「今日行く予定のパーティーがものすごい楽しみだ」なんて言いますか?

 

こんなこと、ペラペラ話すのはおかしいですよね。

 

アメリカでは、こんなことは日常茶飯事です。ママ友に、自分の子供の成績が良かったことや得意なことを普通に話します。見知らぬ人が自分がどんな人生を歩んできたのか、なんてこともペラペラ~っとしゃべってきたりします。

 

でも日本では、おしゃべりな人の中でも、自分のことばかり話す人は嫌われます。自分勝手だとか、わがままな人だと思われがちです。 

 

「口はわざわいのもと」なんていうことわざもあるくらいなので、日本人はおしゃべりな人をあまりいいことだとは、思っていません。

 

もっと自分のことを話そう!

あなたは英語が話せないのではなく、アメリカ人のように「自分大好き!」になれていないだけかもしれません。

 

「こんなこと他人には興味ないよね」と思っているかもしれませんが、そういうことでもジャンジャンしゃべってみてください。その場の会話だけを楽しむ感じで大丈夫です。きっと5分したら内容なんて忘れられているので・・・・。

 

 

まとめ

今日のポイントは2つ!

  1. 聞き上手をやめる
  2. 自分のことをもっと話す

 

アメリカ人と日本人の性格そのものが違うことに気づくことが大事です。もともと考え方が違っているので、日本で好まれる会話では、英語での会話に違和感が出てきて当然です。

 

つまり、「自分のことばかり話す、自分大好き!」なアメリカ人を真似することで、英会話上達へ大きく一歩近づけたことになります。

 

どんどん自分を前に出していきましょう!