Speak-ミシガン州ノバイの自宅英会話教室

日常生活に使える英語の勉強法をお伝え!

MENU

これから渡米する女性必見!アメリカの基礎化粧品の選び方

f:id:michiganenglish:20170317050351j:plain

 

 

アメリカに住むのであれば、アメリカの化粧基礎化粧品やアメリカ人のルーティンにについて、大体のことを知っておくべき!

 

私はアメリカに住んで15年以上!そろそろ日本よりもアメリカに住んでる方が長くなるよー( ゚Д゚)アメリカに来たばかりのころは、日本からその時にお気に入りだったDHCの化粧品とかを送ってもらっていました。歯ブラシも送ってもらってたんだよな・・・。「アメリカのは毛先がデカい!」なんて思ってました。

 

けど結局今はすべてアメリカのものを使ってます。

 

15年間いろんなものを試したと思います(笑)試したというよりは、ただ飽きっぽいからいろんなものを結果的に使っただけね(笑)

 

しかも一時期何を迷ったのか、アメリカでエステの学校とか通ってた(-_-)単位が欲しかっただけかな。そのおかげで、いろんな化粧品を使う機会もありました。無料サンプルとか工場見学みたいなことがあったんだよね。

 

そういう私の経験から、アメリカの基礎化粧品やアメリカ人のルーティンなどもふまえて、基礎化粧品について説明していきます~。

 

 

アメリカの基礎化粧品の分類

大体4種類に分けられる!

  1. Drugstore Brand
  2. 皮膚科医公認
  3. Natural 
  4. High End Brand

 

Drugstore Brand

これはターゲット、普通のスーパー、薬局などで買えるお手ごろな物です。10ドル前後で買えるものが多いです。

 

ブランドはこんなものがある↓

  • Neutrogena
  • Loreal
  • Aveeno
  • Garnier

 

皮膚科医公認

この製品は基礎化粧品だけではなく、赤ちゃんから大人まで使えて、アトピーの方にも皮膚科の先生からもおススメされるものです。香りがなく、肌に刺激の少ない材料で作られていることが特徴です。

 

唯一の弱点は見た目で、オシャレじゃないし、かわいくない・・・。スーパー、ターゲット、薬局など、どこでも手に入ります。

 

ブランド名↓

  • Cetaphil
  • Eucerin
  • CeraVe

 

うちの娘も赤ちゃんの頃はアトピーがひどかったから、この3つをドクターに勧められました。今でも肌が敏感なので、娘はCetaphilのボディクリームを使ってます。

 

Natural

オーガニックの材料を使っている、エコな容器を使っている、動物実験をしない、着色料を使っていない、自然の材料を使っている、などの活動をしているブランドがアメリカにはたくさんあります。

 

値段は手ごろなものから高い物までさまざまです。

 

自然食品を扱うスーパーやファーマーズマーケットなどに置いてあります。かなりマイナーなブランドが多く、あえて大量生産をしてない場合があります。

 

私は個人的にこういうのが結構好き~。自分でもクリームを作ったリしてた。日焼け止めも!最近は面倒になってやめたけど。自分で作ると何が入ってるかもわかるし、安心~。

 

 

High End Brand

いわゆるブランド物の高い化粧品です。デパート、SEPHORA、Ultaに置いてあります。日本でもおなじみの物が多いかなと思います。

 

 

ベーシックなアメリカの基礎化粧品

アメリカ人はこんな順番でやっているのが多いかなと。

  1. Cleanser(洗顔
  2. Exfoliation/Scrub(スクラブ)
  3. Toner(化粧水)
  4. Serum(美容液)
  5. Moisturizer(クリーム)

 

日本で言う「乳液」というのがないのかなと思います。

 

朝はこの後に日焼け止めを塗るし、夜はメイク落としをする場合もあります。ライフスタイルや年齢、好みなどにもよって順番が変わったり、もっと他のことを取り入れるのもアリだと思います。

 

 

肌のタイプ

  • Normal Skin(普通)
  • Oily Skin(オイリー肌)
  • Dry Skin(乾燥肌)
  • Combination Skin(オイリーな部分と乾燥してる部分と両方がある)

 

それぞれの肌質に関して、よくみるパッケージに書いてある単語を見ていきましょう↓

 

Normal Skin

そのままNormalと書いてあります。もしくは何も書いていないかもしれません。

 

Oily Skin

  • Oil Free
  • Oil Control

Oilという単語が書かれていることが多いです。

 

Dry Skin

  • Hydration
  • Extra Moisture
  • Moisturizing Cream

 

Combination Skin

そのままCombinationという言葉が書いてあります。

 

 

肌質

これも化粧品選びにとっても重要ですよね!

 

 

パッケージによく書いてある単語を見ていきましょう!

 

Sensitive

  • No Fragrance/Fragrance Free
  • Gentle
  • Calming
  • Soothing
  • Hypo Allergenic

 

Acne

  • Non Comedogenic
  • Pimple

 

Anti-aging

  • Wrinkle Free/Wrinkle Reducing/Wrinkle Repair
  • Age Defying
  • Renewing
  • Revitalizing

 

 

間違えがちな英語

英語では、クリームはローションって言う!

 

どういうことかというと、ハンドクリームはハンドローションボで、ボィクリームはボディローションと言う場合が多いです。

 

イメージは

  • ローション=さらさらして伸びがいい
  • クリーム=もっと濃くて白くてべトっとしてる

 

 

おわりに

女性にとっては毎日の生活に欠かせない基礎化粧品。日本の物をいちいち買うことは少し面倒だなと感じているなら、アメリカの製品も試してみましょう!

 

もしかしたら自分にピッタリのものが見つかるかもしれません。

 

ここに書いてある単語は勉強するための単語ではないので、暗記するのではなく、自分にあった基礎化粧品を見つけるための道具として、使ってもらえたらうれしいです!

 

 

アメリカ生活に欠かせない情報もあるよ!↓

アメリカで病院に行くときに知っておくと便利なこと 

英語で住所?アメリカ国内に送る場合と日本への住所の書き方を紹介!

【解決策】アメリカ生活不満だらけ?考え方を180度変えるだけ!